Please choose Language or Country
or

オーストリア最大のスキーエリア、アールベルク

アールベルクはアルペンスキーの発祥の地です。チロル州とフォアアールベルク州にまたがるアールベルクスキー場は、スキー総距離305km、87のロープウェー、リフトを備え、オーストリアで最大、世界でも5指に入る迫力ある大スキーエリアです。
アールベルク地方はサンクト・アントン、サンクト・クリフトフ、シュトゥーベン、ツュルス、レッヒ、オーバーレッヒ、シュレッケン、ヴァルトに広がる広大なスキー場です。2016年12月2日にオープンしたフレクセンバーン(Flexenbahn)、同じく2016年に開通したトリップコプフロープウェーI&II (Trittkopfbahnen I & II) 、アルボナロープウェーII (Albonabahn II ) により、ツュルス~シュトゥーベン/ラウツのスキー場がつながり、サンクト・アントン、サンクト・クリフトフ、シュトゥーベン、ツュルス、レッヒ、オーバーレッヒ、シュレッケン、ヴァルト間の接続が早く、簡単に、快適になりました。このフォアアールベルク側のアールベルクのロープウェーの開通によりアールベルクはオーストリアで最も大きいスキー場となり、世界でも5指に入る大スキーエリアとなりました。これにより夢のような世界が広がり、スキーの醍醐味が味わえます。
アールベルクスキー場のデータ:スキー総距離305km、87の索道

詳しくは 

アールベルクとスキー場の発展:
1885年
鉄道用アールベルクトンネルの開通。最初の観光客を魅了しました。

1890年
スキーレーサーであり、「アールベルクスキー技術」を生み出した、ヨハン(ハンネス)・シュナイダーはこの年、シュトゥーベンで生まれました。スキーインストラクターとしての彼のキャリアはサンクト・アントンで始まり、スキースクールの創設者および校長となりました。シュナイダーはアールベルク - カンダハル・レースの創設者です。

1894年
ヴァルトのミューラー牧師は、ヴァルトとレッヒを簡単に行き来できるよう西部アールベルクで最初のスキーヤーを導入しました。

1901年
世界で初のスキークラブ設立 ー サンクト・クリストフのホテル・ホスピッツにて6人の仲間でアールベルク・スキークラブを提唱。

1904年
初のアルペン・スキーレースをアールベルクで開催。

1906年
ヴィクトア・ゾームは、ツュルスで、まず最初は20代前半の地元の人たちのために、その後ゲストのために、スキーレッスンを初めて行いました。

1920年
ハンネス・シュナイダーは、サン・アントン・アム・アールベルクにオーストリアで最初のスキースクールを設立しました。

1937年
1936/1937年の冬にはオーストリアで最初のTバーリフトがツュルスに設立。その3年後、レッヒで最初のスキーリフトを開設しました。

1937年
12月19日にサンクト・アントンに世界初の冬用索道、ガルツィック・ケーブルカーがオープン。30人収容のキャビンと1時間あたりの輸送は210人。

1955年
オーストリアにおける最高地に架かるヴァルーガ・ロープウェーが、1月15日にオープンし、2811メートルまで繋がりました。同日、オーストリアで最初の二人用チェアリフトであるカパル・リフトもオープン。

1970年
70年代に人工雪製造のパイオニア、ミヒャエル・マンハルトはレッヒで雪の大砲を使った機械を開発しました。その人工雪製造システム、「アールベルクジェット」はカルガリー冬季オリンピックで導入されました。

2004年
世界で最初の暖房付チェアリフトがレッヒとシュレッケン運行。

2006年
新しく、超近代的なガルツィック・ケーブルカーがオープン。世界最新の技術:キャビンは2本の並列ロープに結合され、また、2つの巨大な車輪と組み合わされ、乗客はフラットな状態で乗車できます。

2013年
レッヒ/ツュルスとヴァルト/シュレッケンのスキー場がアウエンフェルトジェットで結ばれ、フォアアールベルクで最大のスキーエリアが誕生したことになりました。

2016年12月
新しいロープウェー、フレクセンバーンの建設が完成し、アールベルクはオーストリアで最大のスキーエリアとなりました。
 

画像版権

www.austria.info と www.austriatourism.com の二つのドメインの主要目的は旅行先としてのオーストリアの観光プロモーションです。