Please choose Language or Country
or

歴史主義様式

歴史主義の様式は歴史的に皇帝フランツ・ヨーゼフ2世の統治期間(1848-1916)によって限定されます。「ロマン主義的歴史主義」に始まって、1860年頃「厳格な歴史主義」が開花しますが、これは1880年頃には「後期歴史主義」にとって代られることになります。
工業の進歩発展により名声と富裕を手にいれた大市民階級の興隆により、この時期はいわ ゆる「会社設立ブーム時代」となります。ウィーンの稜堡取り壊しの勅令をもって、1857年オーストリアの建築史の重要な一章が始まります。ウィーンのリ ングシュトラーセ通り一帯は、フェルステル、ハンゼン、ゼンパー、シュミル、シッカルツブルクらによる豪華な建築物が建ち並ぶ19世紀後半の最大の都市建 設事業の場となりました。

リングシュトラーセ時代の第一級の彫刻家は、アントン・ドミニク・フェルンコルン、カスパル・ツムブッシュ、それにヴィクトル・ティルクナーでした。ザルツブルク生まれのハンス・マカルトとその大量の絢爛豪華な絵画に、歴史主義の総合芸術の集大成を見ることができます。

最後の数十年間に発展してくる芸術界の動向としては、エミール・ヤーコプ・シントラーの雰囲気に満ちあふれた風景描写に印象主義のオーストリア型バリエー ションを感じ取ることが出来ますし、またアントン・ロマーコの作品もしかりで、その絵画の中ではオーストリア・ロマン主義と印象主義がおりなされて表現主 義を予感させるまでに至っています。

画像版権

www.austria.info と www.austriatourism.com の二つのドメインの主要目的は旅行先としてのオーストリアの観光プロモーションです。