Please choose Language or Country
or

ニーダーエステライヒ州概要

ウィーンを囲むようにして広がる州。北部はチェコ、東部はスロヴァキアと国境を接しています。州都はサンク・ペルテン。
州東側の丘陵地帯は良質のワイン産地になっており、北部はボヘミアの森へ連なる森林におおわれています。州の西端はモストフィアテル地方といい、ヨーロッパ最大のモスト(果汁)用の梨の生産地です。

バロック様式の修道院が建つメルクとクレムス間のロマンチックなドナウ川の渓谷は「ワッハウ渓谷」と呼ばれ、世界遺産にも登録されており、ニーダーエーステライヒ州でいちばん人気のある休暇地となっています。ワッハウ渓谷はアンズの生産地としてオーストリア国内でも有名で、生の果物として以外に、リキュールやジャム、石鹸などさまざまな形に姿を変え、お店に並んでいます。
ドナウ川の丘陵地はブドウ畑が続き、ワインの生産地としても名を馳せています。

州の南部はシュタイヤマルク州に繋がり、センメリングの峠を走る、世界初の山岳鉄道であるセンメリング鉄道はUNESCOの世界遺産に登録されています。

画像版権

www.austria.info と www.austriatourism.com の二つのドメインの主要目的は旅行先としてのオーストリアの観光プロモーションです。