Please choose Language or Country
or

内容を絞りこむ

Schloss Esterhazy

エスターハージィー宮殿と有名な作曲家ハイドンは切っても切れません。ハイドンは40年以上に渡りエスターハージィー侯爵家の楽長として君臨し、この宮殿は彼の重要な仕事場でした。

エスターハージィー宮殿はブルゲンランド州の最も重要な文化遺産です。始まりは13世紀の城でした。それ以来手直しされ、拡張されてきました。1649年にエスターハージィー家の所有となり、17世紀後半、パウル一世の時代にバロック宮殿に改装され、その後訳300年間侯爵家のメインの居城でした。バロック様式の古典的な厳格さと、オーストリア・ビーダーマイヤーの影響が印象的で特別な雰囲気を醸し出しています。

華やかなフレスコ画の天井をもつハイドンホールは宮殿の中心となる大広間で、世界で最も美しく優れた音響のコンサートホールです。ハイドン時代そのままのホールはハイドン音楽祭の中心会場で、交響曲、室内楽、オラトリオ、オペラ公演の印象的な背景となっています。9月に行われる音楽祭には世界中からハイドンファンが集まります。

宮殿見学の後には、専門ガイドにより厳選されたワインを味わうことができる宮殿ワイナリーを訪れてください。

エスターハージィー宮殿
エスターハージィーワイナリー
ハイドン音楽祭

画像版権

www.austria.info と www.austriatourism.com の二つのドメインの主要目的は旅行先としてのオーストリアの観光プロモーションです。