Please choose Language or Country
or

森への貢献 - ヴェルターゼーのアートプロジェクト

一見馴染みのある風景が芸術に:2019年9月8日から10月27日までクラーゲンフルト・ヴェルターゼースタジアムに生きた森のアートアトラクションが登場します。

絶えることのない自然の魅力

 

「自然自体はとてつもない総合芸術です。だからどんな形にしても小さな貢献となります。」有言実行のクラウス・リットマンは、生き生きとしたアートアトラクションとして、森の作品を公共の場で展開することにしました。これは、オーストリアの建築家であり画家でもあるマックス・パイントナーの絵のアイデアに基づいて、一見馴染みのあるものに全く新しいアプローチをしています。そのためにクラーゲンフルトのヴェルターゼースタジアムの広大な敷地に、実際の樹の混合林を建設しました。これは生命の記念碑ともいえるものです。

自然のスペクタクルはクラーゲンフルト・ヴェルターゼースタジアムで、2019年9月8日から10月27日まで見学できます。展覧会の終了後、樹々はスタジアム近くの敷地に移植されます。


樹のスポンサーシップ

ちなみに、オーストリアの公共スペースで行われるこの最大のアートプロジェクトでは、それぞれの樹のスポンサーになることができます!

詳しくは

画像版権

www.austria.info と www.austriatourism.com の二つのドメインの主要目的は旅行先としてのオーストリアの観光プロモーションです。