Please choose Language or Country
or

アジア料理とオーストリアワインの出会い

最適な相性のワインを探す

昼間と夜間の温度差が大きいというオーストリアの気候環境により、オーストリアワインはフレッシュでバランスの取れた味と香りを持ち、オーストリア料理だけではなく、日本食などアジア料理との相性も抜群です。あなた自身のソムリエのスキルを試し、どのワインがどの料理に最適かを見つけて楽しんでください。
  
  • Sushi Schlegelkopf Restaurant Bar in Lech am Arlberg © Vorarlberg Tourismus / Dietmar Denger Sushi Schlegelkopf Restaurant Bar in Lech am Arlberg © Vorarlberg Tourismus / Dietmar Denger
  • Grapevines in the vineyards of the Cobenzl winery in Vienna © Österreich Werbung / Dietmar Denger Grapevines in the vineyards of the Cobenzl winery in Vienna © Österreich Werbung / Dietmar Denger
  • Wiener Schnitzel © Wien Tourismus / Robert Osmark Wiener Schnitzel © Wien Tourismus / Robert Osmark
  • Zwei klingende Weingläser © Internationale Bodensee Tourismus GmbH / Achim Mende Zwei klingende Weingläser © Internationale Bodensee Tourismus GmbH / Achim Mende
  • Weinflaschen © AWMB / Bernhard Schramm Weinflaschen © AWMB / Bernhard Schramm
  • Grapes © Weingut Schauer / Kitzeck Grapes © Weingut Schauer / Kitzeck
  • Rosa Hirschrücken mit Rotweinschalotten © Burgenland Tourismus / Fritz Tösch Rosa Hirschrücken mit Rotweinschalotten © Burgenland Tourismus / Fritz Tösch
  • Bilder: Austria Healing Tour_Korea 2016_Graz © 오스트리아 관광청 / Crane Bilder: Austria Healing Tour_Korea 2016_Graz © 오스트리아 관광청 / Crane
  • Weinfest © Vino Cool / Harald Eisenberger Weinfest © Vino Cool / Harald Eisenberger
  • Weinflaschennah in Burgenland © Genuss Burgenland Weinflaschennah in Burgenland © Genuss Burgenland
個々のワインをさまざまな食べ物にマッチさせることは、ソムリエのスキルを常にテストするものですが、オーストリア人は、ワインをエキゾチックなアジア料理と組み合わせるという課題に関しても、果敢に取り組んできたようです。オーストリアのワインメーカーは現在、おいしいだけではなく、幅広く世界の料理にも合わせるという点で非常に用途の広いワインを生産することで高く評価されています。

たとえば、グリューナー・ヴェルトリーナーは、オーストリア国土で最も広く植えられたブドウ品種で、国の46,500ヘクタールのブドウ園の3分の1を占めています。ライトな白ワインで、パリッとしたペッパーのようなフレッシュさがあります。このドライなグリューナー・ヴェルトリーナーはアジア料理の複雑な風味の全範囲を満たすことができます。点心、四川牛、寿司、刺身、タンドリーチキン、タイのカレーは、オーストリアの代表的なこのワインとよく合う料理です。
オーストリアの他のすばらしい白ワインであるリースリングは、実際にはこの国固有のものではありませんが、特にワッハウ地方、カンプタール、クレムスタール産のドライでフルーティーでミネラルが豊富なリースリングワインが有名です。その複雑さは、たとえば、タイのカレーソースが付いた魚などの料理と一緒に飲んだときにわかります。ワッハウ産の遅い収穫のフルボディでリッチなリースリングは、ミネラルが相まって魚のマイルドな味と溶け合います。また、ミディアムボディのリースリングは、野菜の天ぷらや揚げ春巻きに最適です。さわやかな酸味と熟した桃の風味が春巻きに軽い甘さを感じさせます。天ぷらは、リースリングの新鮮さ、特に少し甘みがあるワインでさらに美味しくなります。

オーストリアの主要な赤ワインの品種であるブラウフレンキッシュは、刺激的なベリーフルーツのフレーバー(チェリー、クランベリー、コケモモなど)に加え、洗練された発泡性の酸味とタンニンが特徴的ですが、それほど強いわけではありません。これらの特性により、ブラウフレンキッシュは、四川料理やチリビーフなど、旨味のあるレシピの良いお供になります。ワインのフルーティさ、酸味、タンニンの三要素は、唐辛子とスパイスの辛さと強さに耐えうるものです。

北京ダックやクリスピーチキンには、ツヴァイゲルト品種の赤ワインが理想的なパートナーです。プラムフルーツのミディアムボディバージョンは、ローストした肉のうまみを引き出すだけでなく、付随するソースと調和します。 サンクト・ラウレントとその祖先であるピノ・ノワールは、肉料理に微妙でピリッとする個性を与えます。オーストリアの独特の甘いワインは、タンドリーチキンなどの料理にぴったりです。もちろん、オーストリアのワインが引き立てるのはアジア料理ばかりではありません。オーストリアワインは非常に用途が広く、うまく選択すると、あらゆる食品の持ち味を完全な次元にまで引き上げることができます。楽しみは、どのワインがどの料理に最適かを見つけることです!

オーストリア産ワインの種類と合う料理についてさらに詳しくは、こちらをご覧ください。

画像版権

www.austria.info と www.austriatourism.com の二つのドメインの主要目的は旅行先としてのオーストリアの観光プロモーションです。