Please choose Language or Country
or
マガジンのホーム

きよしこの夜は世界平和へのメッセージ

世界を変えた6詩句。初演の時からこの歌は希望と平和と団結の象徴でした。

「きよしこの夜」は国境、言語、宗教を超えて、200年にわたり平和のメッセージとして世界を巡り、人と人をつなぐ歌です。 2011年には、オーストリアユネスコの無形文化遺産に登録されました。

「きよしこの夜」の作詞者であるヨーゼフ・モールが当時、ドイツ語で歌詞を書いたという事実は、このクリスマスキャロルが、常に障壁を克服する上で不可欠な役割を演じているという象徴的なものです。 これは宗教的な文章が一般的にラテン語で書かれていた時代には珍しいものでした。しかし、ヨーゼフ・モールは、貧困で苦しむ人々と共にあり、地域社会の中心にいて、相互理解を大事にしていました。 誰もが容易に理解できるドイツ語の文章は、間違いなく聴きやすい表現でした。 彼自身の深いキリスト教信仰もまた、歌詞の中に流れています。アルンスドルフの教師であるフランツ・クサーバー・グルーバーが作曲したメロディーが一緒になり、平和と人間性を象徴する歌が完成したのです。
SalzburgerLand Tourismus Hütte Presse 2017 Winter © SalzburgerLand Tourismus GmbH / Michael Größinger SalzburgerLand Tourismus Hütte Presse 2017 Winter © SalzburgerLand Tourismus GmbH / Michael Größinger

「きよしこの夜」について知るべきすべての事柄

サンクト・フローリアン修道院合唱団が歌う「きよしこの夜」

"きよしこの夜 "は戦争時の塹壕でも


西部戦線における1914年のクリスマス:第一次世界大戦が勃発して5カ月後には、すでに100万人以上の兵士が命を落とし、また負傷をしました。 この日、様々な国々の何千人もの兵士の間に、兄弟愛を持つ平和主義者によるユニークな奇跡が起こりました。

12月24日、クリスマスの前夜、静けさが塹壕に戻りました。 フランダースの約50キロにわたる前線の両サイドで、兵士たちは武器とヘルメットを置いて、それぞれの自国語でクリスマスキャロルを歌ったのです。 様々な言語の「きよしこの夜」の合唱が戦地に響き渡りました。 戦争の真っただ中で、敵も味方も一緒に平和への願いをこめて。

6つの詩句で表す、希望と楽観へのメッセージ

  • 1. Silent night! Holy night!
    All is calm, all is bright,
    Round yon Virgin Mother and Child!
    Holy Infant, so tender and mild,
    Sleep in heavenly peace!
    Sleep in heavenly peace!
  • 2. Silent night! Holy night!
    Shepherds quake at the sight!
    Glories stream from Heaven afar,
    Heavenly Hosts sing Alleluia!
    Christ, the Saviour, is born!
    Christ, the Saviour, is born!

  • 3. Silent night! Holy night!
    Son of God, love’s pure light
    Radiant beams from Thy Holy Face
    With the dawn of redeeming grace,
    Jesus, Lord, at Thy Birth!
    Jesus, Lord, at Thy Birth!

  • 4. Silent Night, Holy Night
    Here at last, healing light
    From the heavenly kingdom sent,
    Abundant grace for our intent.
    Jesus, salvation for all.
    Jesus, salvation for all.

  • 5. Silent Night! Holy Night
    Sleeps the world in peace tonight.
    God sends his Son to earth below
    A Child from whom all blessings flow
    Jesus, embraces mankind.
    Jesus, embraces mankind.

  • 6. Silent Night, Holy Night
    Mindful of mankind's plight
    The Lord in Heav'n on high decreed
    From earthly woes we would be freed
    Jesus, God's promise for peace.
    Jesus, God's promise for peace.

平和への政治的メッセージとしての歌


経済学者・哲学者のレオポルト・コーアはオーベルンドルフで生まれ、1938年にアメリカ合衆国に移住しました。彼は、第二次世界大戦中に多くの反戦出版物を出しました。
「きよしこの夜」の助けを借りて、コーアは祖国オーストリアへの支援を求める多くの活動を行いました。また、何年もの間、クリスマスシーズンには、反ナチスドイツ、またオーストリア開放を訴え、平和の歌「きよしこの夜」を掲げて、たくさんの新聞記事を執筆したのです。

 

団結と救済

「サウンド・オブ・ミュージック」で有名なオーストリアのトラップファミリーは、第二次世界大戦が勃発する前に米国に移住しました。 終戦後、アメリカ軍の将校が、このザルツブルグ出身のコーラスファミリーにやってきて、有名な「レインボー」部隊でザルツブルクに赴任したとき目にした人々の困窮について教えてくれました。 トラップファミリーはすぐに、支援団体、トラップファミリー・オーストリア救済会社を設立し、バーモントに本社を置きました。 その時からトラップファミリーはコンサートを行うたび、「ハイドン、シューベルト、モーツァルト、きよしこの夜を世界に送り出した国は、我々が助けなければ滅びるでしょう。」と救済を求め、ついには約150トンもの救援物資が寄付されました。

「きよしこの夜」の不思議な力

  • Holy Night Chapel, Oberndorf © SalzburgerLand Tourismus GmbH / Eva-Maria Repolusk / eva trifft Holy Night Chapel, Oberndorf © SalzburgerLand Tourismus GmbH / Eva-Maria Repolusk / eva trifft
  • Original score © SalzburgerLand Tourismus GmbH / Kathrin Gollackner Original score © SalzburgerLand Tourismus GmbH / Kathrin Gollackner
  • House of Franz Xaver Gruber in Hallein © SalzburgerLand Tourismus GmbH / Kathrin Gollackner House of Franz Xaver Gruber in Hallein © SalzburgerLand Tourismus GmbH / Kathrin Gollackner
  • Silent Night Museum Arnsdorf © Stille Nacht Museum Arnsdorf Silent Night Museum Arnsdorf © Stille Nacht Museum Arnsdorf
  • Children with candles © SalzburgerLand Tourismus GmbH / Achim Meurer Children with candles © SalzburgerLand Tourismus GmbH / Achim Meurer

「きよしこの夜」についてさらに読む

シェアする

きよしこの夜は世界平和へのメッセージ

画像版権

www.austria.info と www.austriatourism.com の二つのドメインの主要目的は旅行先としてのオーストリアの観光プロモーションです。