検索
    • Wien Flughafen

    オーストリアの基本情報:入国/電圧/通貨/電話/郵便/

    オーストリアを旅行するにあたり、知っておきたい入国に関すること、電圧、電流、電話/緊急電話、郵便などの基本情報をお知らせします。

    パスポート、ビザ

    オーストリアはEU加盟国で、観光旅行者の入国手続きはいたって簡単です。ドイツなどシェンゲン加盟国との国境では、パスポート・コントロールはありません。
    パスポートの残存期間は、オーストリア(シェンゲン加盟国)出国時3ヶ月以上で、パスポートは過去10年以内に発行されたものでなくてはなりません。日本人の観光旅行者は6ヶ月以内の滞在ならばビザは不要です。
    観光以外の目的で滞在される場合のビザ等に関する情報は、以下でご入手ください。

    在日オーストリア共和国大使館
    106−0046 東京都港区元麻布1丁目1‐20
    Tel: 03-3451-8281
    Fax: 03-3451-8282
    ホームページ


    入国の際の関税

    日本の旅行者が自分で使用するため、もしくは贈り物として持ち込める品物には次のものがあります。

    紙巻きタバコ200本または葉巻き50本、あるいはシガレロ100本かパイプタバコ250グラム、もしくはこれらをしかるべき割合で合わせたのもの。
    香水50グラムとオー・ド・トワレ0.25リットル。
    日本酒または果実酒、あるいは22度以内の酒類2リットル、または22度を超える酒類は1リットル。または、シャンペン、セクトなどの発砲ワイン2リットル、そして、ワイン4リットル。ただしこれらの品物は、旅行者が17才以上の場合に限られます。
    旅行中に必要な薬は申告する必要はありません。
    その他の品物については、合計価格が430ユーロまでは免税です。(15歳未満は150ユーロまで)
    1万ユーロ以上の現金を携帯して出入国する場合は税関に届け出が必要です。
    陸路でオーストリアに入国をする場合、EU諸国からとそうでない国からの場合では免税になる持ち込み量が違いますのでご注意ください。

    詳しくは

    電圧、通貨、電話

    電圧、電流

    電圧220V、交流、周波数は50Hz。 電器のプラグの形状は2本の丸型のピンが出ているCタイプが一般的です。

     

    通貨、外貨両替

    欧州連合(EU)に加盟するオーストリアでは、共通の単一通貨「ユーロ」が流通しています。
    ユーロ紙幣:5、10、20、50、100、200、500ユーロの計7種類。
    表裏とも12ヶ国共通 デザインで、すべてオーストリア人ロベルト・カリーナ氏が考案しました。

    ユーロコイン:表面は加盟12ヶ国共通デザイン、裏面はそれぞれ加盟国の独自モチー フになります。
    オーストリアのユーロコインのモチーフ:
    2ユーロ=ベルタ・フォン・スットナー(ノーベル平和賞受賞者)
    1ユーロ=モー ツァルト
    50セント=ウィーン分離派会館
    20セント=ベルヴェデーレ宮殿
    10セント =シュテファン大聖堂
    5セント=アルペンプリムラ(花)
    2セント=エーデルワイス
    1セント=リンドウ

    銀行の業務時間(地方により異なります):
    ウィーンの場合:月〜金曜8時〜12時30分、13時30分〜15時。木曜は17時30分まで。

    クレジットカードはどの店でも使用できますが、クリスマスマーケットやイースターマーケットなどでは現金がお勧めです。また、 公共トイレなどではコイン(50セントが多い)が必要です。

     

    電話

    オーストリアの国際国番号 43
    州都の市外局番:(国番号から掛けるときは市外局番の0は取ります。)
    ・ウィーン 01
    ・ザルツブルク 0662
    ・リンツ 0732
    ・インスブルック 0512
    ・グラーツ 0316
    ・クラーゲンフルト 0463
    ・アイゼンシュタット 02682
    ・サンクトペルテン 02742
    ・ブレゲンツ 05574

    役立つ電話番号
    消防:122
    警察:133
    救急:144(オーストリアでは救急車は有料ですのでご注意ください。)
    救急医:141
    ÖAMTCロードサービス:120
    ARBÖロードサービス:123

    在オーストリア日本大使館
    Japanische Botschaft
    Hessgasse 6, A-1010 Wien
    Tel. 53192, Fax 532 0590
    ホームページ

     

    郵便

    郵便局の業務時間は、地域、または本局/支局により若干異なります。 ウィーンの郵便局は 月〜金曜8時〜12時、14時〜18時。本局(1区フライシュマルクト)は年中無休。西駅、南駅など国鉄主要駅構内の局は早朝、夜間営業。

    郵便料金体系

    料金の種類:
    "Priority" (プライオリティー/早便、または航空便)。ここではPと略します。
    "Economy" (エコノミー/普通便)。ここではEと略します。
    記載されている通貨単位はユーロ。

    国の分け方:
    封書はオーストリア国内、ヨーロッパ内"Europe" 、それ以外の外国"World"(日本含む)の3種類の料金体系。
    小包はオーストリア国内、EU(地域1),地域2~5に分かれた料金体系。日本は地域4。
    。。。。。。。。。。。。。。。。。

    国際郵便料金

    国際郵便はヨーロッパ向けと、日本を含むワールドに分類されます。
    種類は、封書の定形(235xW162xH5mm以内)が20gまでと、20~75gまで。定形外封書は(L353xW250xH30mm以内)の2kgまでと、さらにサイズの大きい封書(縦横高さ合計900mm以内、一遍の最長500mm)2kgまでに分類され、それぞれ行先によって料金が変わります。はがきは20gまでの封書と同じ料金です。
    その他、簡易小包と通常の小包があります。配達日数の最短はEMSです。
    *簡易小包と小包の違いは、日本から出す場合と同様です。簡易小包は荷物の証明書が簡単なものだけとなり、受取人の受領証がない、保証金額が低い、ということになります。

    オーストリア国内郵便料金

    封筒のサイズの基準は国際郵便と同じです。

    詳しくはこちら。

    郵便ポストは黄色。赤線の入ったポストは日曜日・祝日にも回収されます。