検索

    オーストリアにおけるコロナ禍情報

    現在、オーストリアはまだ部分的にロックダウン中ですが、5月19日よりレストラン、宿泊施設、レジャー施設等が再開できるようになります。オーストリア政府は感染数をさらに減らすためにできる限りの施策を講じています。ここではオーストリアのコロナ禍の現状を知ることができます。

    一目でわかる重要事項

    オーストリアは、コロナウイルスを封じ込めるために一貫した対策を講じています。現在、オーストリアはロックダウン中で、観光やレジャー旅行はできません。 長期にわたる厳しい制限のなか、営業再開の最初の段階はすでに実行されています。フォアアールベルク州では、厳格な規制の下で飲食店の営業と文化施設の開館が許可されています。5月19日より全国のロックダウンは解除されることになりましたが、現在は以下の規制が引かれています。


    • 飲食店は閉鎖されたままであり、テイクアウトや宅配サービスは可能です。(フォアアールベルク州を除く)
    • ビジネス目的の宿泊を除いて宿泊施設は閉鎖されています。ビジネス用に営業しているホテルのリストはこちら
    • 劇場、コンサートホール、映画館やプールなどのレジャー施設は閉鎖されています。(フォアアールベルク州では厳しい要件のもとオープン)
    • 厳格な規制の下で、商店、ミュージアム、図書館、動物園はオープンしています。
    • 見本市などのイベントは開催できません。
    • 美容院など、客に近いサービス業は営業していますが、利用するには48時間以内発行のコロナ検査の陰性証明が必要です。
    • 午後8時から午前6時までは外出制限があります。例外は、仕事、基本的なニーズがある場合、スポーツ、他人への支援です。
    • 同居人以外の人とは、2m以上の距離を置くこと。
    • 公共交通機関や店舗、サービス業など屋内ではどこでも14歳以上はFFP2マスクの着用が義務付けられています。6歳以上13歳までは通常のマスクや口鼻を覆うものでも許されます。6歳未満はマスクは必要ありません。
    • ケーブルカーは営業できます。


    ウィーンとニーダーエステライヒ州の厳しいロックダウンは5月2日で解除されたので、5月3日から18日の間は、上記の規制が適用されます。

    5月19日より全国のロックダウンが解除されることにより、オーストリアへの入国規制は変わります。現在、EU圏内からの入国要件は発表されていますが、EU以外の諸国からの入国要件はまだ決定されていません。

    新しい施策が発表された場合はこのぺージでお知らせします。

    (2021年5月3日更新)

    入国について

    オーストリアへの入国

    オーストリアの国境は開いていますが、ホテル、レストランなどの飲食店はなお休業中ですので、ビジネス上の訪問以外、観光旅行は事実上不可能です。現在、オーストリアへ入国する場合、事前のオンライン登録、PCR検査や抗原検査の陰性証明と10日間の隔離が義務付けられています。なお、オーストリアの規制に関係なく、オーストリアの個々の地域に対する旅行の警告は、あなたの出身国に存在する可能性があります。出国前にご確認ください。

    PCR検査や隔離を必要としない入国可能な国も以下に記載されています。

    詳しくは
    Cloud in the shape of Austria
    media_content.tooltip.skipped

    オーストリアへの入国要件

    入国規制

    オンライン登録および検疫(隔離)規則が引き続き適用されます。 さらに、72時間以内のPCR検査、または48時間以内の抗原検査の陰性証明が必要です。健康診断書や陰性結果を提示できない場合は、オーストリアに到着後24時間以内にPCR検査または、抗原検査を実施しなければなりません。

    定期的な越境通勤者(仕事、家族、学校、勉強の目的で)でも、7日以内の検査陰性証明と登録が必要となります。

    感染率の高いリスク国(日本を含む)から入国(10日間以内の滞在者含む)した者については、検査陰性証明の有効期間は72時間以内です。

     

    オーストリアに入国するためのオンライン登録義務

    オーストリアに入国する場合、事前にオンライン登録する必要があります(「旅行前のクリアランスといいます」)。登録確認書は、入国審査の時に電子的か、登録の確認メールをあらかじめ印刷したものを提示する必要があります。 例外は、特に考慮すべき家族の事情、トランジットの乗客、およびその他予測できない緊急の個々の事情の場合です。 登録データは、入力後28日で削除されます。 詳細についてはこちらをご覧ください。 また、英語の入国登録フォームはこちら

     

    オーストリア入国時のPCR検査の陰性証明&隔離義務

    リスクエリアに滞在した人が入国した場合、72時間以内のPCR検査、または48時間以内の抗原検査が陰性である健康証明書と、10日間の自己隔離が必要です。現在はヨーロッパを含めほとんどの国がリスクエリアとみなされています。隔離に入って5日を過ぎれば、自費でPCR検査を受けることが許されます。検査のために隔離場所から離れることは可能です。検査結果が陰性の場合(入国日は0日目とみなされます)、早期に隔離を終了することができます。

     

    次の国々からはPCR検査、自己隔離なしで入国できます。アイスランド、バチカン、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、韓国。ただし、オーストリア入国前の10日間、リスクエリアに滞在していないことが条件です。

    詳細はオーストリア社会・保健省のこちらへ

     

    例外:立ち寄りのないトランジットの旅行者は、PCR検査や抗原検査は通常​​必要ありません。不定期に入国するビジネス目的の出張者は隔離は不要ですが、72時間以内のPCR検査、または48時間以内の抗原検査が陰性を証明する健康診断書、ビジネス目的を証明するものが必要です。英語の健康診断書のフォームはこちらでダウンロードできます。

     

    ☆5月19日からの新しい入国規則☆

    5月19日からEU諸国からの入国規制の内容は、EUの機関、欧州疾病予防管理センターによる、感染リスクエリアを色分けしたECDCマップに関連して決定されます。
    緑/オレンジ:無制限の入国
    :PCRや抗原検査の陰性証明、予防接種証明、または過去の新型コロナウィルス疾患の証明を伴う入国
    えび茶:PCRや抗原検査の陰性証明、予防接種証明、または過去の新型コロナウィルス疾患の証明と隔離が必要な入国

     

    EU諸国以外の国々に関する詳細と入国要件はまだ発表されていません。詳細情報がわかり次第お知らせします。

    注)ここに記述された内容は注意深く調査したものですが、当ウェブサイトが法的責任を持つものではありません。詳しくはオーストリア保健省のWebサイトの総合的なFAQを参照してください。

    日本人の入国要件

    2021年2月10日より、日本は再び危険地域に指定。それにより、日本からオーストリアへの入国した場合、72時間以内のPCR検査の陰性証明と、10日間の自己隔離が必要とされます。どちらにしても、日本国はオーストリアを感染症危険レベル3(渡航中止勧告)に指定していますので、オーストリアに旅行に行くにはまだ時間を要します。

    詳細については各大使館のサイトを参照してください。

    駐日オーストリア大使館
    在オーストリア日本国大使館

    Schönbrunn Palace
    media_content.tooltip.skipped

    空路

    ウィーン空港ザルツブルク空港インスブルック空港などオーストリアの各空港ではフライト数が制限されています。 オーストリア航空は運航を再開しています。予定しているフライトの状況は各航空会社にお問い合わせください。

    ウィーン空港では有料でPCR検査を実施することができます。COVID-19検査についてはこちら。
    ザルツブルク空港でも有料でPCR検査が受けられます。詳しくは

    トランジット旅行者には、PCR検査や隔離は必要ありません。即時出発は、飛行機、電車、バスのチケットなどで証明する必要があります。

    市内への交通:
    フライト数が制限されているため、現在シティ・エアポート・トレインは運休しています。空港から市内へは、オーストリア連邦鉄道のSバーン(S7)か、空港バスのヴィエナ・エアポート・ラインズをご利用ください。


    列車

    オーストリアと近隣諸国を結ぶ長距離列車は運行されています。 最新の情報は、オーストリア連邦鉄道のウェブサイトで確認できます。

    オーストリア連邦鉄道 (ÖBB)の詳しくは

    Vienna airport
    media_content.tooltip.skipped

    安全基準を決める4色信号機システム

    オーストリアでは4色信号機システム(緑-低リスク、黄-中リスク、オレンジ-高リスク、赤-最高リスク)を導入しています。信号の色は過去7日間の人口10万人あたりの感染状況、感染経路が判明しているかどうか、医療機関のキャパシティ、検査の実施状況の4つの観点から、それらが一時的なものなのか、長期的に影響が続くものなのか等も含めて総合的に判断され、色によってマスクの着用範囲、許可されるイベントの人数が決められています。信号の色は状況により変わります。

    地域による現在の信号の色は
    Conference at the MQ Libelle in Vienna / MuseumsQuartier Wien
    media_content.tooltip.skipped

    健康のために

    ゲスト、ホスト、そしてオーストリア国民の健康は、なにをおいても最優先事項です。 全ての人が行動ルールを守れば、私たちはお互いに安全です。

    マスク(FFP2)に関して次の場合に着用が必要です:

    - 公共交通機関
    - タクシー
    - ロープウェー
    - 船
    - 薬局や病院など医療部門
    - スーパーマーケット、郵便局、銀行、商店、美容院などサービス業
    - ミュージアム、図書館
    - 2メートル以上のソーシャルディスタンシングを維持できない場合、どの業種でも

    安全なおもてなし

    宿泊施設、飲食店、リクリエーション施設における保護対策に関するすべての情報は、「安全なホスピタリティ・サイト」で確認できます。

    現在、宿泊施設はビジネス関係者のみ宿泊可能で、旅行者は利用することはできません。レストランでは店内の飲食はできません。朝6時から夜8時までは料理やドリンクのテイクアウトまたは宅配サービスで営業、夜8時以降は宅配のみ可能です。

    Breakfast at the hotel
    media_content.tooltip.skipped

    移動手段でも安全を確保する

    • OEBB train
      media_content.tooltip.skipped

      列車移動:列車は利用できますか

      はい、ÖBBは通常の運行で稼働しています。 ローカル線および長距離列車の運行に制限はありません。マスクは着用が義務づけられています。

      詳しくは
    • Car2go
      media_content.tooltip.skipped

      カーシェアリング:レンタカーできますか?

      はい。ただし、まず衛生対策についてレンタカー会社に確認してください。 使用後は手を洗って消毒してください。

      詳しくは
    • Motorway Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      相乗りはできますか?

      はい、座席の列ごとに座るのは2人まで、マスクが着用の上可能です。

      詳しくは
    • media_content.tooltip.skipped

      団体旅行で何を考慮する必要がありますか?

      現在は観光目的でオーストリアに入国できません。

      詳しくは

    ウィーンの街中では・・・

    • Shop at the Hotel Daniel Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      お店では・・・

    • COVID19 safety measures in the Kunsthistorisches Museum, Vienna / Kunsthistorisches Museum, Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      ミュージアムでは・・・

    • FFP2 Mask obligation public transport
      media_content.tooltip.skipped

      列車移動では・・・

    • FFP2 Mask obligation public transport, stations
      media_content.tooltip.skipped

      公共交通機関で移動・・・

    1 / 4

    さらに詳しい情報

    緊急を要する助けが必要な場合の連絡先

    具合が悪いと感じたらどうしたらよいでしょうか?

    感染が疑われる場合
    オーストリア滞在中に症状に気づいたり、感染した疑いがある場合は人混みや公共交通機関を避けてください。体調を良く観察し、詳細については健康ホットライン1450に電話してください。

    詳細情報
    オーストリア健康&栄養管理局AGESのコロナウイルス情報ホットライン:0800 555 621
    AGESコロナウイルス情報ページ

    オーストリア連邦保健省コロナウイルス情報ページ
    オーストリア外務省からの現在の旅行警告

    新型コロナウィルス感染症について-厚生労働省(日本)

    詳しくは
    Clouds
    media_content.tooltip.skipped

    注意)以上の情報は細心の注意を払って調査されています。 ただし、正確性を保証するものではありません。

    お勧めのアプリ

    • Stopp Corona App
      Tablet / Mobile

      オーストリアのストップ・コロナ・アプリ

      オーストリアの公式連絡先追跡アプリは、厳格なデータ保護ガイドラインを遵守しながら、すべての連絡先を自動的に記録します。 ユーザーが感染を報告するとすぐに、すべての連絡先に自動的に通知されます。 iOSとAndroid向けの最新のCOVID-19連絡先追跡テクノロジを搭載したこのアプリは、ドイツ語と英語で利用できます。

    • Tablet / Mobile

      アプリ iAustria

      オーストリアで休暇を過ごすためのヒントと情報を、旅行準備の段階や現地に行ってから入手できます! 「iAustria アプリ」を使用すると、オーストリアの気温、湖の水温、イベントからケーブルカーの運行時間まで、日々の最新情報や滞在中の位置情報からすぐに役立つ情報を簡単に調べられます。*)アンドロイドのみ利用可。

    media_content.tooltip.skipped