検索

    舞踏会シーズン

    年末から3月中旬までのカーニバルの時期には、世界的に知られるオペラ座舞踏会をはじめとする約450に上る舞踏会がウィーンの冬に彩りを添えます。

    ウィーンで一番有名なオペラ座舞踏会は、もともとハプスブルク家の行事として行われてきました。19世紀を 通してハプスブルク帝国が衰退する中においても舞踏会にかけるウィーン市民の情熱は決して衰えることがなく、1832年の統計によると20万人以上がワル ツを踊っていたことになります。これは、当時のウィーン市民の半数にあたり、カーニバル期間中にはなんと772の舞踏会が催されていました。

    注目されるのは、今年社交界にデビューする「デビュタント」たち。純白のドレスを着ることができるのは、一生に一度のデビューのときだけです。

    かつて皇帝が舞踏会を催したホーフブルク王宮のホールは、現在も最も人気の高い会場となっています。ここではまず、毎年大晦日の夜から元旦にかけて開催さ れる大晦日舞踏会(シルヴェスターバル)に始まり、法服をフラックに替えた法律家がゲストを迎える法曹舞踏会、狩猟家が一斉射撃でゲストを歓迎する狩猟協会舞踏 会、カフェハウス経営者の香り豊かな舞踏会、さらには、深夜まで、女性の側から踊りを申し込むのが習わしになっている学生団体ルドルフィーナの仮面舞踏会 などといった、さまざまな舞踏会が毎週末のように繰り広げられます。

    ほかにも、冬の最中に花の舞踏会が開かれる市庁舎は、いち早く春の花園となり、楽友協会大ホールでのウィーン・フィル舞踏会は、同オーケストラとゲストの指揮者がオープニングの曲を演奏します。

    優雅なユーゲントシュティル様式のコンツェルトハウスのボンボン舞踏会では、チャーミングな淑女とチョコレートが、とびきり甘い一夜の主役 となり、ファンタジックなマジシャン舞踏会では、世界各国からイリュージョンの芸術家が集い、見事なテクニックで、幻惑の世界を繰り広げます。

    ウィーナーワルツと舞踏会

    ウィーナーワルツは、舞踏会、音楽会、結婚式、また年明けのお祝いに全国どこでも演奏され、踊られています。、格調高く、ロマンチックに繰り広げられるウィーンの舞踏会の伝統は、地元の人々だけではなく、旅行者にも一夜の夢では終わらない陶酔を与えてくれます。

    ウィーナーワルツは、オーストリアの社会生活の儀式の一部です。新年には「美しく青きドナウ」が響き、ウィーンの舞踏会では「アッレス・ワルツァー(さあ、皆さん、ワルツを!)」で一斉にワルツを踊り、オーストリアの多くの地域では結婚式パーティーで花嫁がワルツを踊ってお祝いします。 ウィーナーワルツの特別なテクニックと解釈、そしてダンス自体は、オーケストラやダンス・オーケストラ、合唱団、ダンススクールでも受け継がれています。ウィーナーワルツは2017年9月、オーストリアの無形文化遺産に登録されました。

    ウィーンでは、一冬に450以上の舞踏会が開かれ、世界中から300,000人ものダンス好きの旅行者が足しげく訪れています。舞踏会は、式典のようなプログラムによってユニークで優雅なスタイルで進行していきます。ウィーン子の舞踏会に対するカーニバルに向けるような熱狂の歴史は、私的な集まりにおいて仮面と衣装を身につけることが貴族階級にだけ許されていた18世紀まで遡ります。この慣習と釣り合いを取るために、皇帝ヨーゼフ2世はホーフブルク王宮のレドゥーテンの間で誰でも参加できる舞踏会を開催しました。これにより、ウィーン子たちは、今日も行われているように、この時に行われていた正装に関する厳密な作法、オープニングのファンファーレ、デビューする男女の入場式、「アッレス・ワルツァー!」というダンスの開始を伝える呼び声、ダンス・カード、曲の変更、「真夜中のインタールード(幕間)」(通常はカドリーユ(スクエア・ダンス))、フォーマルな閉幕式などの宮廷の慣習をまねることが出来たのです。もう一つのユニークな慣習は、「ダーメンシュペンデ」と言われる入場するご婦人それぞれに手渡すプレゼントです。

    パートナー・ダンスであるワルツは、当初は挑発と理解され、モラルに違反するとされていました。1814~15年、ナポレオン戦争後のヨーロッパの新しい秩序を作るために開かれたウィーン会議後には、大広間ではワルツが容認されるようになりました。会議で政治活動が余りにも多くの舞踏会を伴って行われたことで、歴史的な「会議は踊る!」という言葉が生まれました。この会議で決められたどの決定事項よりも、ウィーンのワルツがダンスの王者であることを世界に印象付けました。

    ワルツのスピードで回る魅惑的な回転ステップは、聖職者的に厳格なダンスホールに密やかな楽しみをもたらしました。152の名曲を作曲したことよってワルツの主権を確立したヨハン・シュトラウス(父)(1804~1849)は、彼のオーケストラと共に、この夢のようなダンスをウィーンからロンドンへ紹介する機会を得ました。「Darf ich bitten?(私と踊っていただけますか?)」というセリフは、長い舞踏会の夕べで、最もときめくお誘いの言葉で、胸が高鳴ります。ご婦人が男性をダンスに誘う番が来た時には、男性もまた、自分が選ばれし者だという特別な気持を味わうこととなります。

    現在、ウィーンの舞踏会の多くは、プロの人たちのグループによって運営されています。「カフェオーナーの舞踏会」では、ウィーンのホーフブルク王宮を、街で最もフォーマルなカフェ・ダンスホールに変身させてしまいます。これらの舞踏会のプログラムも、例えば、菓子職人が主催する舞踏会では、ペーストリーで作ったお菓子の舞踏劇が出されるなど、とてもエレガントで魅力的なものです。多くの人々にとって、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が主催するウィーン・フィル舞踏会は、舞踏会シーズンのハイライトです。この舞踏会は、世界中にテレビ中継されるニューイヤー・コンサートが行われることでも有名な、ウィーン楽友協会で開催されます。オペラ座舞踏会は、ウィーン国立歌劇場の「世界一美しいボールルーム」と言われるホールで開かれます。この舞踏会は、オーストリア共和国の大統領が主催する国の舞踏会であり、ウィーン国立歌劇場で活躍する芸術家の舞踏会でもあります。