検索

    オーストリアで迎える新年

    年末年始、オーストリアは音楽であふれます。世界中に放映されるウィーンフィルのニューイヤーコンサートを始め、各地でニューイヤーコンサートが行われます。大晦日から元旦にかけては繁華街はパーティー会場となり、花火や爆竹で華やかに新年を祝い、世界中からの訪問者で賑わいます。

    オーストリアの年末年始

    ウィーンの年末年始のイベント

    年末年始、ウィーンはイベントが一杯です。ウィーンフィルの年末・大晦日コンサート、元旦のニューイヤーコンサート、ウィーン交響楽団のベートーベンの第9、国立歌劇場とフォルクスオーパーでの「こうもり」、アン・デア・ウィーン劇場でシルヴェスターガラ、ライムント劇場やロナハー劇場などでミュージカル、宮殿でもワルツなどのコンサートが行われます。
シュテファン大寺院での大晦日のコンサートや大学教会での正月明けのミサ曲を聴いて年末新年を祝うこともできます。
    12月31日にはウィーンの旧市街全体が、広大なパーティー会場となります。最高のエンタテイメントが楽しめるのは「シルヴェスター(大晦日)の小路」で、ウィーン市庁舎から旧市街の入り組んだ小路へと続いています。この14時からスタートする、シルヴェスターの小路にはポンチ酒などの飲み物やスナック屋台が立ち並び、ワルツからポップまで様々なジャンルの音楽やパフォーマンスなどが繰り広げられます。特に人気の高いのはグラーベンのクラシック・マイルです。ウィーンのダンス学校は、グラーベンで速成ワルツ・コースを開催します。夜には国立歌劇場で上演される「こうもり」は生中継されます。、新年を迎える深夜12時には、シュテファン大聖堂の大きな鐘プンメリンが鳴り響き、「美しく青きドナウ」が流れます。市庁舎前広場と、プラーターでは大規模な花火打ち上げられます。
    また、大晦日にはホーフブルク王宮での優雅なディナーとワルツが楽しめる大舞踏会や、市庁舎宮殿、そして市立公園内のクアサロンや有名ホテルでシルベスターガラディナーが開かれます。また、船でドナウ河へ繰り出したり、皇帝列車で大晦日のディナーに出かけるのはいかがでしょうか?

    新年に幸運をもたらす煙突掃除夫、子豚、四葉のクローバーなどのフィギュアはシェーンブルン宮殿の前にはニューイヤーマーケット(12月27日~1月5日)や、 マリア・テレジア広場のシルヴェスター村(12月27日~1月6日) プラーターの大観覧車前広場のウィンターマーケット(11月16日~1月6日)に並んでいます。

    元旦は11 時から行われるウィーン楽友協会ホールでウィーンフィルのニューイヤーコンサートは、世界中へテレビ中継され(90か国)、約100万人が見るといわれています。ウィーン市庁舎前広場では大スクリーンにこのコンサートの様子が映し出されます。