検索
    • media_content.tooltip.skipped

    オーストリアのオリンピック選手とパワーの源、故郷

    オリンピックの代表選手たちはオーストリアの大使です。選手たちが伝えるスポーツへの情熱は、オーストリアの自然条件によって生み出されています。オリンピアン5人が伝えるTOKYO 2020への思いと、競技に必要な大いなるエネルギーを与えてくれる母国のパワーの地を紹介します。

    観光とスポーツの国、オーストリア

    オーストリアでは、観光とスポーツは常に密接に関わっています。高いアルプスの山々から森、平原へと地形は変化に富み、登山、ハイキング、マウンテンバイク、ウォータースポーツや、スキーやクロスカントリーなどのウィンタースポーツ…と、四季折々に様々なスポーツが楽しめます。オーストリアの壮大な自然、施設の整った多種多様なスポーツアクティビティ、伝統、文化、芸術、人々のライフスタイル、美味しい料理は世界中の旅行者やスポーツマンたちを魅了しています。夏季オリンピックの代表となった選手たちもこのような風土でパワーをもらいながら、準備を周到にして日本にやってきました。オリンピックのような国際スポーツイベントでは、アスリートたちのスポーツパフォーマンスが注目されます。スポーツの盛んな観光国オーストリアの代表選手の活躍をどうぞ応援してください。

    Gravel biking in Saalbach Hinterglemm Leogang Fieberbrunn, Austria's largest bike region
    media_content.tooltip.skipped

    ベッティーナ・プランク:空手

    ベッティーナ・プランク

    9歳から空手を始める。14歳から5年間、ドルンビルン(フォアアールベルク州)のスポーツグラマースクールに通い、16歳でオーストリアの全国空手​​チームに入る。19歳で学校を卒業後、優秀なアスリートとしてオーストリア陸軍に入隊。2015年、2016年に故郷のフォアアールベルク州の最も優れたスポーツ女性に選ばれた。2015年からリンツに住み、ウェルスの空手道場所属、その後も故郷に行き指導に教えている。2015年からリンツのオリンピックセンター・スポーツランドオーバーエステライヒ、ヴェルス空手道場で、またオリンピックセンター・フォアアールベルクでもトレーニング。2019年のヨーロッパ競技大会、50kg級で金メダル獲得。

    ベッティーナ・プランク - 空手
    media_content.tooltip.skipped

    ベッティーナのパワーの地:フォアアールベルク州

    フォアアールベルクはオーストリアの一番西に位置する州です。面積は小さいながらも、シルヴレッタの氷河の世界からライン渓谷の平地にいたる、変化に富んだ自然が特徴で、夏は山歩き、冬はスキーと、アルプスの魅力を満喫できる地域です。

    フォアアールベルク州には、自然食品、自然療法に加え、心身ともにリラックスできる諸施設を備えている質の高いヘルス&ウェルネス・ホテルが多く存在しています。ガラスと木材の健康的な現代建築と美しい自然環境の取りあわせが、伝統あるアルプス地方にモダンな雰囲気でのゆったりとした休暇を約束してくれます。その品質の高い休暇施設や、レストラン、レジャーを求めて、世界中から休暇客がやってきます。
    州都ブレゲンツを始めボーデン湖畔の街々、ブレゲンツの森地方、州北部のドイツに繋がるクラインワルザータール地方の素朴な村々、高級スキーリゾートのレッヒ、南部のモンタフォン地方、ブルーデンツ地方など、小さい州ながら、それぞれ地域の文化を持つのが特徴です。

    フォアアールベルク州の料理

    素朴なアルプスの山小屋もトップクラスのレストランでも、使用する地元の健康的な食材とシェフの新鮮なアイデアが、比類のない洗練された美味しい料理の秘密です。品質の高い食品は、この地域の農場や製造業者から提供されています。
    マウンテンチーズ、クリームチーズ、サワーチーズ・・・あらゆる種類の形と味と香りのチーズがフォアアールベルク料理の典型です。チーズを使ったパスタ料理のケースクネップフレKäsknöpfle、チーズのスープ、チーズのサラダKässalot、または山小屋のマウンテンチーズプレートは、地域の代表的な料理です。チーズ街道にあるチーズ工房で試食をしたり、ショップで買い物するのもフォアアールベルク州らしい食の愉しみです。

    ラウラ・シュティッガー:マウンテンバイク

    ラウラ・シュティッガー

    7歳でマウンテンバイクを始める。世界およびヨーロッパのジュニアチャンピオン。2018年にはグラーツとレンツァーハイデで行われたジュニアマウンテンバイク・ヨーロッパ選手権大会で金メダル、インスブルックのジュニアロードレース世界選手権で金メダル、ブエノスアイレスのユースオリンピックで銀メダルと、その年は輝かしい成果を収めた。チロルのエッツタールでトレーニング。

    ラウラ・シュティッガー - マウンテンバイク
    media_content.tooltip.skipped

    ラウラのパワーの地:エッツタール

    ラウラ・シュティッガーのパワーの源はエッツタールです。エッツタールはチロルの代表的な渓谷の一つで、イン川沿いの町エッツタールから谷の奥ティンメルスヨッホまで全長約60km続く美しい渓谷です。谷の奥地に聳えるチロルで最も高い3,768mのヴィルトシュピッツェを始め、渓谷沿いには様々な山岳風景と渓流、滝、可愛らしい町や村が点在し、あらゆる旅人やスポーツ愛好家の心を揺さぶります。氷河から牧草地まで全長1,600kmの標識付きのハイキングコースとトレッキングルート、20のクライミングガーデン、合計850kmのサイクリングトレイル、自然の中の子供たちの遊び場、牧草地で出会う牛、羊、馬、レジャー施設、温泉など、夏も冬もエッツタールの魅力は尽きません。
    エッツタールを夏期に楽しむにはエッツタール・インサイド・サマーカード(有料)がお勧めです。エッツタール地域の12本のケーブルカーやリフトが無料で利用でき、スイミングプール、入浴湖、ミュージアム、レジャー施設など無料で入場できます。アクアドーム(温泉)とスポーツレジャー施設エリア47でゆっくり遊ぶのは特に大きなハイライトです。もちろん、カードで地域の公共交通機関も利用できます。

    エッツタール・インサイドカードはこの地域の町や、村に宿泊すれば、年間にわたり無料で入手できます。特典が利用でき多くの場合、料金が割引になります。(夏の公共バスチケット40%割引など)

    冬のスキーやスノーボードなどのスポーツはもちろん、谷の奥の氷河では夏でもスキーが楽しめます。スキー場の山上に建つ、ガラス張りのモダンな建物のレストランは映画007でも撮影の場となりました。

    ペーター・ヘルツォーク:マラソン

    ペーター・ヘルツォーク

    オーストリアのマラソン記録保持者(2時間10分06秒)、ベルリンマラソン2019で12位、ロンドンマラソン2020で12位。若い時はウィンタースポーツのバイアスロンとクロスカントリーの選手。マラソンでは2019年のベルリン大会では、2:10:57時間でオーストリア選手のトップ3にランクイン。2020年10月の雨のロンドンマラソンで出した2:10:06はオーストリアのベストタイムに記録。

    ペーター・ヘルツォーク - マラソン
    media_content.tooltip.skipped

    ペーターのパワーの地:ザールフェルデン

    マラソン選手、ペーター・ヘルツォークの活動拠点はザルツブルク州のザールフェルデン・レオガングです。ピンツガウ郡にあるザールフェルデンの町と周辺のレオガング一帯は、アルプスで最もコントラストがはっきりしている地方です。石灰岩のごつごつした山脈と穏やかな草地が広がる山、田舎と都会、伝統と革新といった具合に両方に囲まれています。リゾートザールフェルデンと休暇村レオガングのユニークな組み合わせは、谷でゆっくり静養したい人も、山でスポーツを満喫したい人も、文化プログラムを求める家族連れにも幅広い選択肢があります。ザールフェルデン・レオガングは、オーストリアで最も多様なウィンタースポーツエリアの1つです。ザールフェルデン・レオガングカードを利用すると、ザルツブルク州のトップ3のスキーエリア408kmのゲレンデ、広大なクロスカントリーコース、トボガン、馬ソリ、スノーシューハイキングなど、冬の体験プログラムがすべて安く、また無料で利用できるなど大きな利点があります。夏にはレオガングはマウンテンバイクのパラダイスです。ザーラッハ渓谷を巡る80kmのコース、レオガングのマウンテンバイクパーク、ロープウェーで上ったシュタインベルク山頂周辺の壮大な景色を見ながらEバイクを走らせる爽快さはまさに天国にも上る気持ちです。もちろんハイカーにもお勧めの地です。6月の幻想的な夏至の火祭りには近隣や遠方からもバスを仕立てて人々が集まり、夏山のスタートを一緒に祝います。地域のカードはバスにも利用できます。

    マレーネ・カーラー:競泳

    一歳からベビースイミング。水泳の訓練に明け暮れる子供時代。2018年のブエノスアイレスで開催されたユースオリンピックでは2つの銅メダルを獲得。ウィーン・スードシュタットのスイミングクラブでトレーニング。オリンピックの目標は自己の持つ自由形1,500mと800mのオーストリア記録の更新とトップに立つこと。

    マレーネ・カーラー - 競泳
    media_content.tooltip.skipped

    マレーネのパワーの地:ウィーン

    首都ウィーンは水泳選手のマレーネ・カーラーのパワーの源です。トレーニング拠点はウィーン郊外のスードシュタット。スードシュタットには連邦が管理するヨーロッパ最大のスポーツ&レジャー複合施設や大きなショッピングセンターなどがある商業、経済、教育の中心地で、ウィーンのベッドタウンの一つでもあります。マレーネは毎日ウィーンに出かけます。旧市街のほか、プラーター公園、アウガルテン公園、リンク通りのバラ園の美しいフォルクス庭園を散歩するのが大好きです。若者が集まるドナウ運河地区にはモダンなカフェやバー、レストランが並び、水辺の大好きなマレーネのお気に入り。クールなビール、冷たい飲み物、オリエンタルな屋台の食べ物、美味しいハンバーガーから古典的なホイリゲ料理まで、グルメ派の旅行者ならぜひ訪れたい場所です。ウィーンっ子には行きつけのお気に入りレストランがあって、一人でも家族や友達とも美味しいウィーン料理を囲みリラックスした時間を過ごします。

    ミヒャエラ・ポレレス:柔道

    ミヒャエラ・ポレレス

    女子柔道70kg級に出場。2014年南京で開催されたユースオリンピックで銅メダル。そして4年後、テルアビブの欧州選手権で銅メダル。ニーダーエステライヒ州テルニッツのヴィンパッシング・シュパルカッセ柔道クラブに所属。オーストリア柔道連盟では、ヘッドコーチのイボンヌ・ベニッシュの下で、他の選手達を引っ張っていくリーダー的存在。

    ミヒャエラ・ポレレス - 柔道
    media_content.tooltip.skipped

    ミヒャエラのパワーの地:ライヒェナウ

    ニーダーエステライヒ州の南部に位置するウィーンアルプス地方の町、ライヒェナウ・アン・デア・ラックスは、1854年にセンメリング鉄道(世界遺産)が完成して以来、自然やリラクゼーションを求めてウィーンから多くの人々が夏になるとやってきました。特に19世紀末から20世紀の初めにかけては、ジークムント・フロイトなど文化人や芸術家のお気に入りの避暑地でした。

    ラックスケーブルカーは1926年に完成した観光目的のオーストリアで最も古いロープウェーでした。ラックスはウィーンアルプスの人気の山の一つで景色を楽しめるハイキングがお勧めです。ウィーンアルプスは19世紀後半からウィーンに天然の水道水を供給してきました。今日では、透き通ったシュヴァルツァ川に沿って水源の「皇帝の泉」まで4kmのハイキングコース「ウィーンの水道パイプラインルート」が整備されています。皇帝の泉には、水道パイプライン博物館があります。このルートは、ウィーンアルプスを代表するシュネーベルク山とラックス山の間に位置するロマンティックな渓谷ヘレンタールを通り、素晴らしいハイキングが楽しめます。出発地はヒルシュヴァンツの駐車場、終点は皇帝の泉です。ヒルシュヴァングへはパイヤーバッハ-ライヒェナウ駅からバス。

    6月中旬から10月中旬頃まで、日曜祝日には、パイヤーバッハ-ライヒェナウ駅からヒルシュヴァン駅までの5kmを歴史的な車両のヘレンタール鉄道が走ります。終点から数分歩くとラックスケーブルカー乗り場があります。

    ウィーンアルプスのもう一つの有名な山にシュネーベルクがあります。ここには夏期、登山鉄道が走っていて、ラックスと共に、山の景色と自然を楽しみたい人にはウィーンからの一日観光にピッタリです。

    こちらも興味はありませんか?

    オーストリア、チロルでクライミングの休暇を!

    チロルは「クライマーズパラダイス」

    チロルでは、どんなクライマーも雄大なアルプスの世界と人々のホスピタリティに囲まれ、完璧なクライミングを体験できます。クライミングイベントやルートや施設などあらゆる面でスポーツクライミングを楽しむことができます。

    続きを読む
    Climbing Martinswand in Innsbruck
    media_content.tooltip.skipped
    media_content.tooltip.skipped