検索

    ウェストバーン鉄道

    ウィーンとザルツブルクを結ぶ西部鉄道路線にオーストリア連邦鉄道(ÖBB)以外にもウェストバーン鉄道会社が、毎日30分おきに列車を運行しています。

    EU欧州連合内で今後、鉄道の自由化が行われるなか、今までオーストリア連邦鉄道(ÖBB)しか走っていなかった路線に、近代的でより良いサービスを提供するため、新たな鉄道会社ウェストバーン・マネージメントGmbHが2011年にオーストリアにできました。この会社は鉄道ホールディング株式会社の事業会社でウィーンとザルツブルクの間を毎日、5時台から20時台まで、30分おきに急行列車を走らせています。出発駅はウィーン西駅とウィーン・プラーター駅で、西駅からの路線はグリーン、プラーター駅からの路線はブルーで表示されています。グリーン路線の停車駅はÖBBと同様ウィーン西駅を出発した後、ウィーン・ヒュッテルドルフ→サンクト・ペルテン→アムシュテッテン→リンツ→ウェルス→アットナング・プッフハイム→ザルツブルクで所要時間は2時間28分です。ブルー路線は、プラーター駅→ウィーン・ミッテ→レンヴェーク→クヴァティア・ベルヴェデーレ→ウィーン中央駅→マイドリング→サンクト・ペルテン→アムシュテッテン→リンツ→ウェルス→アットナング・プッフハイム→ザルツブルクで所要時間は2時間42分です。料金も安く設定され、チケットはウェストバーンのウェブサイト、又は直接列車の中で追加料金を払うことなく買うことができます。www.westbahn.at