検索

    音楽・舞台芸術

    音楽を抜きにしてオーストリアは語れません。あなたも、心の琴線を調律して音楽の国オーストリアへお出かけください。

    •                     Grafenegg - Wolkenturm / Grafenegg
      media_content.tooltip.skipped

      夏の音楽イベント

      毎年夏になるとウィーンやザルツブルクをはじめとする9つの州都だけでなく、休暇客に人気の高い地方都市でも、オペラ、オペレッタ、クラシック、ジャズ、ポップ、ミュージカルほかバラエティー豊かなジャンルの音楽イベントが開催されます。
      続きを読む
    •                     Opera at the quarry St. Margarethen, Burgenland
      media_content.tooltip.skipped

      オーストリアの主な音楽祭/フェスティバル

      大規模で有名な音楽祭やフェスティバルは、以前より世界の文化イベントの中で最上位の地位を築き、近隣や遠くの国々から多くの音楽ファンを魅了しています。
      主な音楽祭/芸術祭
    •                     バーバラ・クラフト作W.A.モーツァルト
      media_content.tooltip.skipped

      モーツァルトをもっと身近に... 音楽の天才とその人間像

      ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)は、世界の著名な作曲家の中でも最も重要な人物の一人です。その優れた才能の裏に隠された人間像を知るために、毎年たくさんの人々がウィーンとザルツブルクを訪れます。
      続きを読む
    •                     Concert for Europe, Schönbrunn Palace
      media_content.tooltip.skipped

      音楽の歴史: 音楽ファンが集う国、オーストリア

      旅は視野を広げる、とよく言われます。これは特に音楽家に当てはまります。モーツァルトやハイドンを見ればわかるでしょう。 ヴォルフガング・アマデウス・モツァルト、ヨーゼフ・ハイドン、フランツ・リストやグスタフ・マーラーらの作品は、彼らが旅をしていなかったら生まれ得なかったであろう事は、容易に想像がつきます。彼らはヨーロッパの大都会で、その作品によって聴衆の心を捉えただけでなく、街からも多くの作品のアイディアやインスピレーションを得るという恩恵を受けていたのです。
      続きを読む
    •                     ザルツブルク音楽祭の幕間 / Großes Festspielhaus, Salzburg
      media_content.tooltip.skipped

      ザルツブルクの音楽

      ザルツブルクはモ-ツァルトの生誕地として、ザルツブルク音楽祭の開催地として世界中の音楽ファンが訪れます。年間を通じて、様々な音楽祭、クラッシックからジャズまであらゆる分野の演奏会が開催される音楽の都です。
      続きを読む
    •                     The Graz Opera House
      media_content.tooltip.skipped

      グラーツと音楽

      グラーツは既に12世紀の頃から音楽伝統が継承されてきた町でした。今日でもなお、全ての様式分野において才能の結合が見出されます。音楽祭、芸術祭、格調高いコンサート、斬新な新演出による実験的な公演が行われるオペラハウスからコンピュータ音楽など、前衛派による演奏、ジャズ、音楽演劇大学まで、その内容には幅広いものがあります。
      グラーツと音楽
    •                     Monument of Johann Strauss / Stadtpark Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      音楽家の足跡を訪ねて

      ウィーンを中心に数多くの音楽家たちの生家、住居、最期の家、墓などをお訪ねください。
      音楽家の足跡を訪ねて
    •                     ウィーン国立歌劇場 / Staatsoper Wien
      media_content.tooltip.skipped
      Staatsoper Wien

      音楽の殿堂 -ウィーン国立歌劇場

      1869年5月25日のこけら落しには、皇帝フランツ・ヨーゼフI世と皇妃エリザベートの臨席の下、モーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」が上演されました。第二次大戦で大きな被害を受けた後、1955年新しい観客席と最新の技術を備えたウィーン国立歌劇場にはベートーヴェンの「フィデリオ」で再オープンしました。それ以降、今日では世界で最も重要なオペラ座として名声を誇っています。
      歴史と現在
    •                     New Year ́s Concert Vienna
      media_content.tooltip.skipped
      Wien

      ウィーンの音楽

      楽友協会大ホールで聴くウィーンフィルのニューイヤーコンサートから、華やかなオペラ座での歌劇やバレエ、伝統あるウィーン少年合唱団や、ワルツコンサート、野外音楽イベントまでウィーンでは音楽が日常の生活に溶け込んでいます。
      続きを読む
    media_content.tooltip.skipped