検索

    日本とはここが違います

    国が違えば、考え方や風習や法律が違うので、現地で驚いたり、戸惑ったりすることが多いのは当然のことです。ここでは、日本では当たり前のことがオーストリアでは注意すべき点であったりすることや、日常で目につく両国の相違点を簡単に知ることができます。

    オーストリアでは覆面禁止法*が2017年10月より施行されています。日本で一般的に使われているマスクは、顔が隠れるとみなされる可能性がありますので、特別な健康上の理由以外、無用のトラブルを避けるため、オーストリアへ入国・滞在する際、公共の場では外すことをお勧めします。
    * 覆面禁止法とは、「公共の場での顔を覆うベールの着用を禁止する」法律です。これにより、公共の場で顔を認識できない程度に覆うことが禁止されます。日本で一般に販売されている風邪用や花粉症用のマスクも、顔を覆っているとみなされた場合、取締りの対象となる可能性があります。もし、マスクをしていて、警察官にマスクを外すように言われたら、従ってください。指示に従わないと、警察署に連れていかれたり、罰金が科せられることもあります。健康上の理由など,いくつかの適用除外規定が設けられていますが,その場合、ドイツ語か英語による医者の証明書が必要となります。

    ● オーストリアでは救急車は有料です。旅行保険に入っておくと安心です。

     

    ● 鉄道駅には改札口はありません。車内で車掌が検札します。地下鉄やバスにおいてもチケットを持っていれば、使い初めに日時の刻印を入れるだけで、毎回チェックを入れる必要ありません。

    ● スーパーマーケットやドラッグストアでは買った品物を袋に入れてくれません。必要なときは袋は有料となります。

    ● オーストリアの一階は日本の二階です。日本の一階は現地ではErdgeschossまたは0階と表示されます。特にデパートなど大型店舗の表示にご注意ください。

    ● オーストリアでは水道水は飲むことができます。ウィーンでもアルプスの水を引いているので美味しい水が水道から出ます。
    ミネラルウォーターも各種販売されています。炭酸が入っていないもの(ohne、あるいはstill)、炭酸が入っているものがありますが、炭酸水にも微炭酸(mild)、強炭酸(prickelnd)のものがあります。

    ● 自転車の利用者が多いウィーンではリング通りなど、歩道も歩行者用レーンと自転車用レーンに分かれているところがあります。その場合は、危険ですので、自転車用レーンを歩かないようにしてください。横断歩道の前で信号待ちをする場合も、自転車レーンで待たないようにしましょう。

    ● 治安のよいオーストリアですが、都会のレストランやカフェでバッグを椅子の背に掛けて座るのはやめましょう。

    ● 日曜、祭日は、スーパーマーケットや商店などはお休みです。ただし、中央駅など主要駅のスーパーマーケットは営業していて、食品などの必需品が買えます。

    ● 経済的なホテルに宿泊するときは、アメニティはご自身で用意しておきましょう。最低限のものしかありません。

    ● 公共トイレは有料です。コインを用意しておきましょう。

    ● オーストリアでは歩行者は左側通行、車は右側通行です。車を運転する方は特に気を付けてください。バイパスなどの高速道路で、中央分離帯がない道路もあります。ラウンドアバウトもあります。高速道路は有料ですが、料金所はありません。ヴィニエットという券をガソリンスタンド等で購入して運転してください。

    ● タクシーは日本のように手を挙げても止まってくれません。タクシースタンドを利用するか、無線タクシーに電話して来てもらいます。ウィーン市の行政サイトには、ウィーンの各区別に、どこにタクシースタンドがあるかリストがアップされています。地図ともリンクしていますので、あらかじめ調べておきたいときはご利用ください。詳しくはこちら。

    ● オーストリアでは挨拶が習慣となっています。店でもホテルでも、山でも必ず挨拶をしましょう。役立つドイツ語は

    こちら

    ● オーストリア人はエチケットとして、食事は音を立てずに食べ、習慣として、鼻をかむとき時は日本人には馴染みのない大きな音を立てます。また、鼻をすする音を嫌います。

    ● ウィーンで初めてコーヒーハウスができたのが1683年。コーヒー文化は330年以上培われてきました。日本でも今やコーヒーの種類はたくさんありますが、ウィーンでは30種類以上のバリエーションを挙げることができます。伝統あるカフェでは10種類、20種類は当たり前です。オーストリアではコーヒーはホットとかアイスではなく、きちんと名前で注文してください。コーヒーの種類はこちら