検索

    Ruine Aggstein Wachau

    Österreich Werbung / Popp-Hackner

    ニーダーエステライヒ州

    ウィーンを囲むようにして広がる州。北部はチェコ、東部はスロヴァキアと国境を接しています。州都はサンク・ペルテン。

    ニーダーエステライヒ州概要

    州東側の丘陵地帯は良質のワイン産地になっており、ブドウの収穫時期にはワイン祭りで賑わいます。州北部はボヘミアの森へ連なる森林におおわれていて、所によっては優しい丘陵地帯、所によってはV字形をなす荒々しいゴルジュが現れ、エキサイティングなハイキングが楽しめます。州の真ん中にはドナウ川が東西に流れています。中心をなす変化に富んだ地形のワッハウ渓谷には古城や修道院が点在し、ユネスコの文化遺産に登録されています。ウィーンの西南には、森と水とワインがテーマのウィーンの森が広がっています。ウィーンの森には温泉があり、古くからハプスブルク家の人々や貴族、音楽家たちにより湯治に利用されてきました。

    ニーダーエステライヒ州の南部で、シュタイヤマルク州に接する地域には、世界遺産センメリング鉄道が通り、一帯はアルプスの山々が広がっています。この辺りは夏の避暑地として、昔から都市に住む人々に愛されてきました。

    州の南西部に広がる美しい丘陵地帯は、モストフィアテル地方と呼ばれ、ヨーロッパ最大のモスト(シードル)用の梨の生産地です。旅行者は果樹園や、農家が経営する居酒屋でシードルを試飲したり、特産品を購入したり、体験プログラムに参加することができます。