検索

    ウィーンの最も美しい見どころ

    ウィーンは古い帝政の歴史と新しい文化がとてもうまく融合した都市です。この街を訪れた人は、様々な面で文化に触れることができます。ウィーンは歴史が息づく伝統を守りながら、常に先を見越して新しい文化を作り上げています。

    帝都ウィーン

    ウィーンの街を歩くと、まるで帝政時代にタイムスリップしたかのような気分になります。640年もの間、ハプスブルグ家がオーストリアを統治し、現在のこの街を作り上げてきました。ホーフブルク王宮からシェーンブルン宮殿、美しい庭園を持つベルヴェデーレ宮殿、ウィーンのリング通り(ユニークな大通り)などの壮大な帝国の建物は、帝国の歴史がなければ築けなかったものばかりです。帝国の趣は、ウィーン旧市街の通りや路地を通って、現在もリピッツァーナーの白馬のいるシュタールブルクまで続いています。その途中には重厚な王宮があり、堂々とした装飾が施された建物のファサードを見上げないわけにはいきません。王宮への道筋にはバロック様式の噴水のある広場、伝統的なカフェや高級レストランがあり、ハプスブルク時代の雰囲気を今に伝えています。ウィーンでは卓越したエレガンスと重厚な伝統の魅力が融合しています。

    ハプスブルク帝国の見どころ

    • スペイン式宮廷馬術学校

      ユネスコの世界遺産であり、400年以上の歴史を持つスペイン式宮廷馬術学校は、現存する世界最古の乗馬学校であり、ルネッサンス時代から古典的な馬術を教えています。

      詳しくは
          Spanish Riding School
      media_content.tooltip.skipped
    • ベルヴェデーレ宮殿

      バロック様式のこの宮殿が建っている丘は、当時は城壁の外でまだ市外でした。ここからの眺めは美しく、それが「美しい展望」という名前の由来になっています。宮殿内の絵画館もお見逃しなく。

      詳しくは
          ベルヴェデーレ宮殿上宮 / Vienna
      media_content.tooltip.skipped
    • ウィーンのホーフブルク王宮

      ウィーンの中心部にあるホーフブルク王宮は、ハプスブルク帝国の統治の中心であり、皇帝の居城でもありました。640年以上もの間、エリアを拡張してきました。現在では世界最大級の宮殿群として知られています。

      詳しくは
          Hofburg - Imperial Palace
      media_content.tooltip.skipped
    • シェーンブルン宮殿

      何世紀にもわたって、ハプスブルク家の皇族が住んでいました。シェーンブルン宮殿は夏の離宮として建設され、広大な庭園と動物園を備えています。ユネスコ世界遺産に登録されています。

      詳しくは
          Schönbrunn palace
      media_content.tooltip.skipped

    ウィーンと音楽

    世界の音楽の都であるウィーンには輝かしい歴史があります。ウィーンは常にハプスブルク帝国の音楽の中心であり、目覚しい発展を遂げました。モーツァルト、ベートーヴェン、グスタフ・マーラーなど、世界的に有名な作曲家たちがここで作品を生み出しました。多民族国家の中で様々なスタイルや影響が融合し、世界的に偉大なる文化を築き上げました。
    今日では、音楽が創造された場所で音楽を聴くことができます。例えば、ウィーン楽友協会の由緒あるホールや、ウィーン国立歌劇場の壮大なホールで。そして、その伝統は比類なきもので、ウィーン・フィルはまもなく180周年を迎えます。

    ウィーンのクラシック音楽

    • ウィーン国立歌劇場

      オペラ好きにはたまらないのがウィーン国立歌劇場です。60種類ものオペラやバレエ作品が、1シーズン約300日にわたって上演されます。世界でも類を見ないプログラムが用意されています。

      詳しくは
          ウィーン 国立歌劇場 / Staatsoper Wien
      media_content.tooltip.skipped
    • ウィーン楽友協会

      ウィーン楽友協会は150年前から存在しており、独特な風格を放っています。ここでコンサートを体験することは、音楽都市ウィーンを最高の形で知ることを意味します。そして、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のような偉大な音楽家たちに出会えます。

      詳しくは
          ウィーン楽友協会 / ウィーン
      media_content.tooltip.skipped
    • ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

      クラシック音楽の専門家は知っています。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団は、世界で最も優れたオーケストラの一つということを。彼らの演奏は正確さ、調和、名人芸を特徴としているので、ウィーンフィルの演奏を聴くことはユニークな体験です。

      詳しくは
          Musikverein Vienna
      media_content.tooltip.skipped
    • ウィーン・コンツェルトホール

      まさに色鮮やかな輪舞のようです。ユーゲントシュティール様式の雰囲気が漂うコンツェルトハウスでは、中世から古典作品、そして現代の最も進歩的なサウンドまで、様々な音楽を聴くことができます。

      詳しくは
          Wiener Konzerthaus
      media_content.tooltip.skipped

    ウィーンと芸術

    美術史博物館の世界最大のブリューゲル・コレクションや、オーストリア絵画館の画家グスタフ・クリムトが制作した美術史上最も美しい『接吻』は、ウィーンでしか見ることができません。しかし、この街にはさらに多くの魅力があります。産業技術博物館や自然史博物館、世界で最も重要なグラフィックアートのコレクションを持つアルベルティーナ美術館から、あらゆる時代の著名な芸術家を集めた印象的な美術館まで、さまざまなテーマに焦点を当てた100以上のミュージアムがあります。

    バロック様式の豪華さとクールなアバンギャルドの緊張感が共存するウィーンでは、さまざまなスタイルや芸術的嗜好が混在しており、日々新しいものが生み出されています。

    ウィーンの最も美しいミュージアム:7つの場所、7つの宝物

    アルベルティーナは世界で最も重要なグラフィックアートのコレクションのひとつです。アルブレヒト・デューラーの「野うさぎ」が有名です。

    ベルヴェデーレ宮殿は芸術の総合施設です。バロック建築だけではなく、中世から現代に至るまでの800年に及ぶ美術品の数々は、訪れる人を魅了してやみません。グスタフ・クリムトの『接吻』は絵画館で最も人気のある絵画のひとつです

    美術史博物館の絵画ギャラリーには、ルーベンス、ティツィアーノ、レンブラント、ラファエル、ベラスケスなど、有名な画家の作品が展示されています。そして世界最大のブリューゲルコレクションは必見です!

    自然史博物館は、3,000万点の収蔵品を誇る世界でも有数の博物館です。ウィレンドルフのヴィーナス像は、2万9500年前に作られた最も古く、最も見応えのある展示物です。

    産業技術博物館22,000㎡という驚異的な広さを誇り、驚きの発見がたくさんあります。目玉の一つは歌うテスラ変圧器です。

    60の文化施設が一堂に会するミュージアムクオーターはまさに記録を持つ複合施設です。ウィーンで最大の「文化的リビングルーム」では人々がゆったりと過ごしています。

    レオポルド美術館では、世界最大のエゴン・シーレのコレクションを展示しています。そして何百点ものウィーンのモダニズムの名作を見ることができます。

    美術史博物館、ウィーン
    media_content.tooltip.skipped

    至宝が集まる美術工芸室

    ウィーン美術史博物館

    改修工事のために10年以上も閉鎖されていました。現在は、美術史博物館の美術工芸室クンストカマーとして新たな輝きを放っています。ハプスブルク家が何世紀にもわたって収集した2100点以上の貴重な品々が展示されています。計り知れない価値のある宝物です

    コレクションの中心となるのは、ベンヴェヌート・チェッリーニが16世紀半ばに制作した貴重な塩壺「サリエラ」です。また、金細工師の作品はモダンなガラスのショーケースで見ることができます。2,717㎡の展示室に1,000年以上の歴史を発見することができるのでゆっくりと見学してみてください。最も古い展示物は9世紀の象牙板で、最も新しい展示物は1891年に描かれた天井画です。

    Weltmuseum Vienna
    media_content.tooltip.skipped

    「私は博物館学癖に苦しんでいる!」

    ウィーン世界博物館

    ウィーン世界博物館では14の展示室で全大陸を巡ることができ、印象的な旅ができます。ハプスブルク家の豊富な収集活動により、何世紀にもわたって数多くの貴重な展示品がウィーンにもたらされました。

    その中でも最も熱心に収集したのがフランツ・フェルディナンドで、彼は「私は博物館学癖に苦しんでいる!」と言っていたことで有名です。つまり彼自身が収集マニアであることを語っています。1892年、彼は世界中を旅し、何千もの発見物を手に入れて帰ってきました。彼の夢は自分の豊富な美術コレクションを展示する壮大なスケールのプライベート・ミュージアムを造ることでした。残念ながら、フランツ・フェルディナンドは1914年に殺害されたため、これは実現しませんでした。しかし現在、彼が指定した場所で数々の奇怪なものや貴重なものを見ることができます。

    ウィーンとその建築

    ウィーンにはたくさんの建築物の面々が揃い、何度見ても驚かされます。様々なスタイルや時代を巡る発見ツアーに参加したい方は、どの場所でも素晴らしいガイドツアーや建築とのエキサイティングな出会いが待っています。ウィーン建築センターは、観光名所を簡単に発見するためのサポートとオリエンテーションを提供しています。そして、同時に街の歴史についても多くを学ぶことができます。

    建築センターは、ウィーンの大きな見所の一つであり、様々な文化施設からなるミュージアムクオーター(MQ) にあります。ここでは、伝統と現代の融合、すなわちバロック建築と現代建築の融合が行われています。それはシュテファン広場やミヒャエル広場でも同じで、ゴシックと当時の革命的なビジョンの建物が出会っています。シュテファン大聖堂は現代のハース・ハウスと、聖ミヒャエル教会は20世紀初めのロース・ハウスと向かい合って建っています。そして忘れてはならないのが、お互い多くの金が使われていることです。ユーゲントシュティールは、他の様式とは異なり、街のファサードを形成しています。

    ウィーンの建築ハイライト

    • 現代建築

      ウィーンは、青きドナウ川に沿ってDCタワーが建ち、緑のプラーター公園のすぐ近くには新しい大学キャンパスがあり、現代的な顔を見せています。

      詳しくは
          Vienna / Skyscrapers in Kagran / Neue Donau
      media_content.tooltip.skipped
    • フンデルトヴァッサー・ハウス

      フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー(1928 - 2000)は、自然や植物が好きでした。絵画を中心に、建築や環境保護の分野でも活躍したオーストリアのアーティストです。気に入らないのは直角!彼のデザインした建物には直角がありません。

      詳しくは
          Hundertwasserhaus in Vienna
      media_content.tooltip.skipped
    • オットー・ワーグナーとユーゲントシュティール様式

      ウィーンの建築家の中でオットー・ワーグナーほど印象的な街並みを形成した人はいないでしょう。ワーグナーは旧ウィーン市鉄道の駅舎を設計しました。また、当時、モダンな郵便貯金局や印象的なシュタインホーフの教会も設計しています。

      詳しくは
          Otto Wagner Church at Steinhof
      media_content.tooltip.skipped
    • ウィーンリング通り

      ウィーンの旧市街を取り巻く環状線のリング通りは、その歴史と同様に特別な場所です。かつてはここに城壁が建っていました。そのため、この壮大な大通りはリングのように丸く、その両側には最も美しい王宮や市庁舎や博物館や名所が建ち並んでいます。

      詳しくは
          フォルクスガルテン、博物館、国会議事堂を望む
      media_content.tooltip.skipped
    シュテファン大聖堂 / ウィーン
    media_content.tooltip.skipped

    ウィーンのランドマーク

    シュテファン大聖堂

    ウィーンの中心部に位置し、特に街の人々にランドマークとして親しまれているのが「シュテファン大聖堂」です。ウィーンの人々はこの大聖堂を愛しており、あだ名で「ステッフル」と気軽に呼んでいます。鐘にも名前があります。北塔の高い位置にある "プンメリン "は、ヨーロッパで2番目に大きい自由に振れる教会の鐘です。大聖堂の建設者自身が石の肖像彫刻になって教会の中で不死身です。ゴシック様式の説教壇の足元にある石製の窓から、中央の大きな身廊を不思議そうに、そして茶目っ気たっぷりに眺めていることから、「窓を見る人」と呼ばれています。

    数字で見る大聖堂
    ウィーンのシュテファン大聖堂は、長さ107.2m、幅34.2m。4つのタワーがあります。最も高いのは、136.44mの南塔です。343段の階段を登ると塔の部屋に到着します。晴れた日にはウィーンの街並みや、はるか郊外まで見渡せる巨大な景色が広がります。

    詳しくは
    Secession in Vienna
    media_content.tooltip.skipped

    世紀末ウィーン

    建築:近代化の幕開け

    今から100年以上も前、ウィーンの日刊紙にあるスキャンダルが掲載された。今日、ウィーン・モダニズムの先駆者として知られるアドルフ・ロース(1870-1933)は、帝政期のホーフブルク王宮の真向かいに画期的な建物「ロース・ハウス」を建てさせました。皇帝フランツ・ヨーゼフ1世は、自分の目の前にこんな味気ないファサードがあることに非常に憤慨しました。歴史主義の時代には、家の正面に派手な装飾を施すのが当たり前でした。ここではすべてが不足していて、飾りのない建物になっていました。それゆえ、彼は「眉毛のない家」について簡潔に、そして非難的に語ったのです。

    当時としては先進的なテイストではあったが、その道は続き、近代化の夜明けを迎えたのでです。また、絵画や装飾品にも新しい芸術的傾向が見られました。1900年頃、ウィーンの分離派グループは精力的に活動していました。彼らは、保守的なアカデミックな様式に反対し、新しいものを考えていました。彼らが設立した建物はセセッシオンであり、応用美術館(MAK)は最も重要な代表的な建築物です。

    生活しやすいウィーン

    この観点から明らかにウィーンが抜きん出ています。ウィーンは緑が多いので住みやすい都市と評価されています。ブドウ栽培が盛んで、これほど多くの緑地がある都市は世界でも他にありません。市街地の約半分が緑地で、850もの公園が散歩に誘い、トラムで保養地に直行できます。ウィーンのプラーターは6平方キロメートルの広さがあるため、ウィーンの「肺」とも呼ばれています。

    また、ウィーンの生活空間の価値を高めているのは、多くの緑地とそれに伴う良好な空気だけではなく、水も生活の質を左右します。この街はアルプスから最高の湧水を引いているだけでなく、水辺が市内に位置しています。ドナウ島に沿って42キロのビーチが広がり、晴れた日の旧ドナウ川では、ヨット、サーフィン、水泳、手漕ぎボートの姿が見られます。また、自然を愛する人たちは、広大な近郊のドナウアウエン(ドナウ川の氾濫原)を長い時間かけて散策しています。

    市街地のすぐ近くで、ドナウ運河沿いのカラフルな賑わいを楽しむことができます。夏にはいくつかの素敵なビーチバーがオープンします。

    都会の真ん中にある緑のオアシス

    • ブドウ畑とホイリゲ

      ウィーンは他とは違います!ウィーンは世界の大都市の中で、市内でブドウ栽培が行われている唯一の都市です。これが伝統的な街のホイリゲの居心地の良さと同様に、ウィーンの魂を形成しているのです。

      詳しくは
          Wine tavern in Grinzing
      media_content.tooltip.skipped
    • 宮殿庭園と公園

      ウィーンには850もの庭園や公園があり、中には絶好のロケーションにあるものもあります。街の中心部には、フォルクスガルテン、ブルグガルテン、市立公園があります。ベルヴェデーレ宮殿の近くにある植物園もお勧めです。

      詳しくは
          Spring at the Volksgarten in Vienna
      media_content.tooltip.skipped
    • ドナウタワーとドナウ川

      ドナウ島、ドナウ公園、アルテドナウは街中の緑のオアシスで、夏にはウィーンっ子にとても人気があります。素敵なパブ、数々のレクリエーション、そして何よりも自然の中で泳げることが人気の理由です。

      詳しくは
          Freizeitparadies Donauinsel
      media_content.tooltip.skipped
    • プラーター緑地公園

      シュテファン大聖堂からわずか3キロのところにあり、木立の中を歩いたり、広い草原をジョギングしたり、自然の中で平和と静けさを満喫できます。地下鉄が憩いのためのパラダイスに繋がっています。

      詳しくは
          The Giant Ferris Wheel at the Prater
      media_content.tooltip.skipped
    View from Leopoldsberg, Vienna
    media_content.tooltip.skipped

    市を見渡せる展望スポット

    カーレンベルク

    カーレンベルクは、高さ484メートルのウィーン人の地元の山です。ここは市の西部にある緑地帯「ウィーンの森」に入っています。なぜそんなに人気があるのか説明しましょう。丘から眺めはとにかく素晴らしく、天気の良い日には、はるか60km南のシュネーベルク山まで見渡すことができます。ウィーンの最高地点にある高さ22mの展望台「シュテファンヴァルテ」までは約4時間の道のりです。

    カーレンベルクの歴史は常に重要で、皇室からの寄贈やトルコ軍の包囲といった出来事が重要な役割を果たしています。1628年この山は皇帝フェルディナンド2世によってカマルドリーゼ騎士団に寄贈されました。当時建てられた修道院の中心には、現在も見学可能な聖ヨーゼフ教会がありました。しかし、このカーレンベルグが有名になったのは、1683年にポーランドのソビエスキー王が軍隊を率いてカーレンベルグを越えて進軍し、土壇場でトルコ軍の包囲からウィーンを解放したことによります。

    詳しくは

    ウィーンの甘い香り

    ウィーンのカイザーシュマレン、ザッハートルテ、アプフェルシュトゥルーデルなどは、伝統的なコーヒーハウスと同様に、この街の名物となっています。
    しかし、ウィーンではあるレシピをめぐって正真正銘のケーキ合戦が繰り広げられたことは、あまり知られていないのではないでしょうか。話題になったウィーンのザッハートルテのレシピは秘密にされたままで、ほとんど伝説になっていました。

    •                     Cafe at the Hotel Sacher Salzburg
      media_content.tooltip.skipped

      ウィーンのカフェハウス文化

      ウィーンでは「コーヒー・カルト」と呼ばれるほどコーヒーが愛されています。コーヒーのメニューにはたくさんの種類があります。
      詳しくは
    •                     Sachertorte
      media_content.tooltip.skipped

      ウィーンの味覚

      都市の名前が料理名についているのは珍しいのが、多彩なウィーン料理。もちろん、コーヒーに合うスイーツも見逃せません。
      ウィーン料理の詳しくは

    文化の都を詳しく知るツアー

    media_content.tooltip.skipped

    ウィーンのイベント

    Musikverein Vienna
    media_content.tooltip.skipped

    ウィーンでは毎月、音楽、美術展、その他のイベントが目白押しです。

    ウィーンのイベントに参加してインスピレーションを感じてください。
    ウィーンの季刊イベント情報誌「スポット」は、その時期のイベントハイライト、音楽会、美術展のスケジュールや興味深い文化トピックスが詳しく掲載されています(ドツ語・英語)。発行は年に4回、3月1日、6月1日、9月1日、12月1日です。「スポット」はウィーン市観光局のイベントサイトでダウンロードできます。

    音楽のチケットを入手するには
    media_content.tooltip.skipped