検索
    • A great view of the Vienna Volksgarten, a public garden
      media_content.tooltip.skipped

    音楽の都ウィーン

    ウィーンはオーストリアの首都であり、古くよりヨーロッパの東西と南北を結ぶ十字路として、ウィーンの森に囲まれ二千年の歴史を育んできた文化と商業の都です。ウィーンには伝統の魂が息づいています。しかし、軽快なワルツの調べと共に、新旧のアヴァンギャルデがインスピレーションをもたらしてくれます。豪華な建築群と愛らしい側面が融合する街 - それがウィーンの魅力です。

    オーストリアの首都ウィーンは長い伝統を持つハプスブルク帝国の都であり、宮廷文化が今も華麗に息づき、音楽と芸術の都として知られる素敵な街です。ハプスブルク王朝の重要な歴史的建築が立ち並ぶ一方、近代的で未来を志向する建築物も多く、スタイリッシュなライフスタイルと活気に満ちた文化の楽しみに溢れています。市の周囲にはワインの産地でもある、1250km2にも及ぶ広大なウィーンの森が広がり、市民の憩いの場所となっています。これは他のヨーロッパの大都市にはみられない独特の魅力です。

    Rudolf's Crown at the Imperial Treasury in Vienna / Vienna
    media_content.tooltip.skipped
    • ウィーンは世界における音楽の首都

      「音楽の都」はウィーンにとって最もふさわしい形容詞です。ウィーンでは、音楽はあらゆるものに浸透しています。ハプスブルク帝国では皇帝、貴族、市民にいたるまで音楽愛好の精神がみなぎり、才能ある作曲家や演奏家はウィーンに集まってきました。現代でもそれは脈々と受け継がれ、歴史あるダイホールでは、本格的なコンサート、オペラ、音楽祭、ミュージカル、バレエなどが楽しめます。また、観光客向けの気軽に楽しめ、しかも質の高いコンサートから、現代音楽、ジャズやテクノミュージックまで、すべてのジャンルを楽しむことができます。

          Musikverein Vienna / Vienna
      media_content.tooltip.skipped
    • ウィーンは美食の街

      「食べ物と飲み物は、肉体と精神を結びつけるきずなである」・・・これはウィーンの古い諺です。食事の楽しみは、ウィーンでは非常に重視されています。食についての専門家はいたるところで活躍し、昔から人々は食事や飲み物について頻繁に話題にしてきました。そしてレストランの名代の料理を比較して、白熱した議論がまき起こることもしばしばです。このように地元の人々の舌が肥えているので、どの店でもいい料理を出すことに懸命で、ウィーンを訪れる旅行客はその便益にあずかれるというわけです。カフェから、菓子屋、レストラン、バイスル(気軽な食事所)からワインケラーやワイン居酒屋(ホイリゲ)まで、それぞれに特徴があり、どの店に入っても失敗はありません。

      media_content.tooltip.skipped
    •                     Haas Haus with St. Stephen's Cathedral in Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      ウィーンの見どころ

      ウィーンの歴史は紀元1世紀初頭に遡ります。当時ここには、古代ローマの軍営基地ヴィンドボナが建設されたのです。今日の市街にとって最も重要なのは、マリア=テレジア女帝時代のバロック建築と、フランツ=ヨーゼフ皇帝時代の建築群です。これらの歴史的建築は、豪華なリンク大通りに並んでいます。
      ウィーンの主要観光スポット
    •                     View from judicial palace in Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      ウィーンのリング通り

      軍事要塞から大通りの傑作へと変身を遂げたリング通り:ウィーンの壮大なリング通りは世界で最も素晴らしい大通りの一つです。この通りほど建築学上の傑作を代表するような見事な建物や宮殿、公園などが、数多く集中している所は他にありません。
      続きを読む
    •                     New Year ́s Concert Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      ウィーンの音楽

      楽友協会大ホールで聴くウィーンフィルのニューイヤーコンサートから、華やかなオペラ座での歌劇やバレエ、伝統あるウィーン少年合唱団や、ワルツコンサート、野外音楽イベントまでウィーンでは音楽が日常の生活に溶け込んでいます。
      続きを読む
    •                     Karlskirche (St. Charles's Church) in Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      ウィーンの建築ハイライト

      歴史的な旧市街でも、伝統的なワインの居酒屋でも、また、ドナウ河の対岸でも、ウィーンには建築の見所があふれています。この街では、現代的な建築と歴史的な建築が驚くほど革新的に共存しています。
      ウィーンの建築を巡る
    •                     ターフェルシュピッツ
      media_content.tooltip.skipped

      ウィーンの料理

      多民族国家であったオーストリア帝国の首都ウィーンには、様々な民族と共に美味しい料理やデザートがもたらされ、伝統的な料理として今もグルメたちを満足させています。
      ウィーンの料理
    •                     ウィーンの市電
      media_content.tooltip.skipped

      ウィーンの交通機関

      地下鉄、市電、バス、Sバーン(快速電車)、郊外電車(R)、バーデン線があります。これらすべての交通機関は一枚の切符で市内なら目的地まで乗り継いで行けます。
      ウィーンの市内交通について
    •                     Cupola Cafe KHM
      media_content.tooltip.skipped

      ウィーンのカフェ文化

      言い伝えによると、1683年、包囲攻撃に失敗したトルコ軍が撤退した時に、大量に残されていたコーヒー豆の入った袋を、ウィーンの人々は戦利品として手に入れました。スパイとして宮廷に雇われていたイスタンブール生まれの人物がその豆を利用して、1685年にウィーンにカフェを初めて開業し、真のコーヒーの味を市民に伝えたのがウィーンのカフェ文化の始まりだと言われています。
      詳しくは
    •                     Musikverein Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      ウィーンの劇場、コンサートホール

      ウィーン国立歌劇場やウィーン・フィルのニューイヤーコンサートの会場・楽友協会ホールなど、ウィーンには世界に誇る劇場やコンサートホールがあります。
      続きを読む
    •                     ウィーン国立歌劇場 / Staatsoper Wien
      media_content.tooltip.skipped

      音楽の殿堂 -ウィーン国立歌劇場

      1869年5月25日のこけら落しには、皇帝フランツ・ヨーゼフI世と皇妃エリザベートの臨席の下、モーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」が上演されました。第二次大戦で大きな被害を受けた後、1955年新しい観客席と最新の技術を備えたウィーン国立歌劇場にはベートーヴェンの「フィデリオ」で再オープンしました。それ以降、今日では世界で最も重要なオペラ座として名声を誇っています。
      歴史と現在
    • media_content.tooltip.skipped

      ウィーンのショッピング

      ショッピングはウィーン子ばかりでなく、ウィーンを訪れるほとんどのお客様の大きな楽しみです。そして、数多くの店舗が並ぶウィーンはショッピングのパラダイス。大規模なデパート、ブティック、古美術品店、宝石店、書店、家具や照明器具のデザイナーショップなど......ウィーンでは、誰もが必ずお気に入りの品物を見つけ出します。
      続きを読む
    •                     ウィーン少年合唱団
      media_content.tooltip.skipped

      ウィーン少年合唱団

      ホーフブルク王宮礼拝堂(ブルクカペレ)で、夏休みを除く、毎日曜日と宗教的祝日の9時15分より、ウィーン少年合唱団と国立歌劇場合唱団・オーケストラのメンバーからなる「王宮付属聖歌隊」がミサに参列します。
      ウィーン少年合唱団
    •                     Pas de Deux at the Spanish Riding School
      media_content.tooltip.skipped

      スペイン式宮廷馬術学校

      450年に渡って代々口伝で伝えられてきた、ウィーンのスペイン式宮廷馬術学校の古典的な高等馬術の伝統は、UNESCO無形文化遺産に登録されています。
      続きを読む
    •                     Great Parterre with Schönbrunn Palace
      media_content.tooltip.skipped

      ウィーンの一日、モデルコース

      インペリアル・ウィーン - 永遠のエレガンスウィーンの街を散策すると、まるで帝国の時代に戻ったような感じがします。旧市街はユネスコの世界文化遺産で、どこにいても歴史が感じられます。 ウィーンの一日をどのように過ごせば、ウィーンらしさを満喫できるかを、ウィーンの見逃せない見所とともにご案内します。
      続きを読む
    •                     シュテファン大聖堂 / ウィーン
      media_content.tooltip.skipped

      ウィーンで過ごす3日間モデルコース

      ウィーンで3日間過ごすとしたら、どのように観光スポットを巡ればウィーンらしさを体験できるでしょうか?豪華な宮殿、壮大な教会、ミュージアム、ドナウ川観光、音楽鑑賞、自然、グルメ・・・楽しみ方は無数です。ここではモデルコースを挙げながら、ウィーンの過ごし方をご紹介します。
      続きを読む
    •                     Art History Museum Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      ウィーンの博物館・美術館

      ハプスブルク王朝の帝都であったウィーンには多種多様な美術館や博物館があり、非常に幅の広い選択をすることができます。
      続きを読む
    •                     Volksoper
      media_content.tooltip.skipped

      ウィーン・フォルクスオーパー

      ウィーン・フォルクスオーパーは、ウィーンっ子たちに親しまれている劇場で、オペラ、オペレッタ、ミュージカルのスタンダードナンバー、現代バレエ、コンサートと極めて多彩なプログラムが繰り広げられます。
      フォルクスオーパー
    • media_content.tooltip.skipped

      ウィーンの森

      ウィーンの北西から南にかけ、広大な丘陵地帯を占めるウィーンの森は、その中にブドウ畑やワイン造りの村々をまじえて、緑美しい別天地をなしています。やさしく広がる丘陵、清らかな小川のせせらぎ、ひっそりと佇む教会や家々...。
      ウィーンの森の見どころ
    •                     Dürnstein / Wachau
      media_content.tooltip.skipped

      ウィーンからの日帰り旅行

      世界遺産のワッハウ渓谷のドナウ川遊覧、かつての皇帝の保養地バーデン、世界遺産のセンメリンク鉄道、シュネーベルクとSL登山電車、ハイドンの街アイゼンシュタットほか、首都ウィーンの周辺には魅力的な見どころがいっぱいです。旅行日程が短い方は、ウィーンからザルツブルクへも日帰りすることは可能です。
      続きを読む
    media_content.tooltip.skipped