検索

    ウィーンのプンシュ・テラス

    まぶしく輝く冬のウィーンを見下ろしながら、熱々の甘いプンシュで温まることのできる「プンシュ・テラス」をご紹介します。

    Fruit punch made of dried fruits, apples, cinnamon sticks
    media_content.tooltip.skipped

    「プンシュ」とは?

    プンシュ(Punsch)とは、蒸留酒をフルーツジュースやスパイスと混ぜた温かいカクテルのことで、グリューワインと同様、クリスマス・マーケットに欠かせない冬の味覚です。リンゴやベリー類、オレンジ、紅茶など、多様な種類があります。ウィーンでは、このプンシュをオープンエアーのテラスで楽しめるお店が流行しています。ここでは特に人気の高い6軒のプンシュテラスをご紹介します。

    ※営業時間は2022年11月現在の情報であり、変更の可能性があります。最新の情報は店舗にご確認ください。

    The Ritz-Carlton, Vienna
    media_content.tooltip.skipped

    スキー場を模したリッツカールトン・ウィーンのルーフトップ・バー

    オーストリア・アルプスのスキー場では、スキーの後にバーやレストランに集まってお酒とおしゃべりを楽しむアプレ・スキー(Après ski)文化が欠かせませんが、これを都会の真ん中で体験できるのが、リッツカールトン・ウィーン(Ritz-Carlton Vienna)のルーフトップ・バーです。 本物のスキーゴンドラが置かれ、スキー場気分を盛り上げてくれます。もちろんここから眺めるウィーンの夜景の美しさは言うまでもありません。温かいプンシュとココア、シャンパンなどのドリンクと、チーズフォンデュをはじめとする料理を味わうことができます。

    • 2022年11月中旬から営業
    • 毎日午後4時~10時
    リッツカールトン・ウィーン公式サイト
    Urania
    media_content.tooltip.skipped

    ドナウ運河沿い、クリュオのプンシュ・テラス

    風は冷たくても、ドナウ運河に位置するクリュオ(Klyo)のプンシュ・テラスは温もりに満たされています。11月9日から、グリューワインとカイザーシュマレン(ちぎったパンケーキ)、クリスマスソーセージの販売をはじめました。ドナウ運河と大観覧車を眺めながら、冬のグルメを満喫してはいかが。

    • 2022年11月19日~12月23日
    • 毎日午後5時~10時
    クリュオ公式サイト
    Andaz Vienna Am Belvedere, Veuve Clicquot Chandelier Outdoor Bar / Andaz Vienna Am Belvedere
    media_content.tooltip.skipped

    オーロラ・ルーフトップ・バー

    ホテル・アンダース・ウィーン・アム・ベルヴェデーレ(Hotel Andaz Vienna Am Belvedere)にあるオーロラ・ルーフトップ・バー(Aurora Rooftop Bar)は、11月27日からクリスマスまでの毎週日曜日、スカンジナビアの冬をテーマとした空間に変身し、温かいグロッグ(スウェーデン風のホットワイン)、焼き立ての栗、オーロラ・プンシュを味わうことができます。屋内スペースと屋外スペースがあり、暖炉がある屋外ではDJサウンドが楽しい冬の夜を演出してくれます。

    • 2022年11月27日、12月4日、11日、18日
    • 午後4時~午前0時
    オーロラ・ルーフトップ・バー公式サイト
    Das Badeschiff wird zum Treffpunkt für Punsch und Eisstockschießen
    media_content.tooltip.skipped

    船上のプンシュ・デッキ

    ドナウ運河に停泊しているバーデシフ(Badeschiff)と呼ばれるプール付きの船に、プンシュ・デッキが設けられています。 広い空の下できらめく夜景を眺めつつ、プンシュやグリューワイン、フライドポテトなどをお楽しみください。ユニークな体験をお求めの方には、同じ施設にあるカーリング場がオススメです。刺激が足りない方は、27mプールで寒中水泳をどうぞ!

    • 2022年11月1日~2023年3月21日
    • 月~金 : 午後4時 ~午前1時、土日祝 : 正午~午前1時
    バーデシフ公式サイト
    Winter magic, Styrian thermal region, culinary break
    media_content.tooltip.skipped

    シュテファン大聖堂の眺望:ラメー・ルーフトップ・バー

    シュテファン大聖堂の雄大な姿が人気のラメー・ルーフトップ・バー(Lamée Rooftop Bar)。冬は自家製プンシュとホットワイン、それから栗が名物です。温かい毛布の用意もあるので、寒がりさんも安心。

    • 2022年11月中旬~2023年1月中旬
    • 木~土曜日: 午後2時~ 11時、日曜日~水曜日: 午後2時~10時
    • 降雨・降雪時休業


    都心の冬、ハース&ハース
    ハース&ハース(Haas&Haas)
    はフレーバーティーの専門店ですが、実はプンシュを味わえる穴場スポットです。お店はシュテファン大聖堂のすぐ裏手に位置しており、中庭がワインとプンシュ、ホットワインを飲めるプンシュ・テラスになっています。

    • 2022年11月4日~12月31日
    • 月~金: 午後4時~8時、土日祝: 午後2時~8時

    この記事は、ウィーン市観光局によるオリジナル記事を翻訳・編集したものです。ウィーン市観光局の日本語版サイトにて、より多くのウィーンの最新情報をご覧いただけます。(記事作成日: 2022年11月30日, 最終更新日: 2022年11月30日)

    関連記事

    • media_content.tooltip.skipped

      アーダルベルト・シュティフターとペーター・ロゼッガー、雪と氷の間の文学

      アーダルベルト・シュティフターとペーター・ローゼガーは、アルプスの冬の美しさと厳しさを体験する人々に焦点を当てた小説を発表しています。
      雪の世界と文学
    •                         Mostviertler Kletzenbrot (clover bread)
      media_content.tooltip.skipped

      クレッツェンブロート

      レシピへ
    media_content.tooltip.skipped