検索
    • The Green Museum, facade of the Kunst Haus Vienna
      media_content.tooltip.skipped

    フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー:自然と一体の芸術家

    フンデルトヴァッサーの型にはまらない色彩豊かな作品は、自然からインスピレーションを受けただけではなく、彼の哲学全体が自然の中のありました

    Penthouse view Kunsthaus Vienna, architecture by Friedensreich Hundertwasser
    media_content.tooltip.skipped

    ウィーンの中心部にあるジャングル

    トーマス・ゼレンカが、一日の仕事を始めるのは朝5時です。 養蜂家の彼は、ウィーンで数十個のミツバチの巣の世話をしています。 蜂のコロニーのうちの2つは、アーティスト フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーの生涯と作品に捧げられているクンスト・ハウス・ウィーンの屋上庭園にあります。「庭はウィーンの中心部にある本物のジャングルです。まさにミツバチたちが望んでいるものです。 つい最近、アーティストのレサニータが「ホストとしての家」展のために美術館の生物多様性を調査し、なんと260種という驚異的な数の植物をここで発見しました!」 とトーマスが話してくれました。

     養蜂家はミツバチの世話をしながらフンデルトヴァッサーについて語り称賛しました。「すでに1950年代と60年代に、人類の前向きな未来は人間が自然と一体となって生きる場合にのみ可能で、と彼は確信していました。 彼はこの原則に従って人生を送りました。今日、自然に根ざした存在への憧れ、ゆっくりしたペースへの憧れはかつてないほど強くなっています。 フンデルトヴァッサーは、私たちを正しい道に導いてくれたのです。」

    フンデルトヴァッサーと「人間味ある建築」への展望

    戦後の飾り気がなく直線的な建築は官能的な芸術家にとって耐え難いものでした。 フンデルトヴァッサーは、カタロニアのアントニ・ガウディによる曲がりくねったカラフルな建築と、フランスの独学者ファクトゥール・シュヴァルの建築からインスピレーションを得ました。

    フンデルトヴァッサーは、直線、直角、均一な床、そして無菌、均一に並ぶ窓の間隔は人間性と合致せず、人間の体質にさえ害を及ぼす要素であると確信していました。

    フンデルトヴァッサーの哲学によれば、建物は私たちの身体の表皮と服に次ぐ人間の第三の皮膚です。 したがって、住居を建設する時に、創造的な発言力を持つ権利/能力を持っているべきであると考えていました。

    色彩豊かな環境にやさしい建築物

    •                     Hundertwasserhaus
      media_content.tooltip.skipped

      フンデルトヴァッサーハウス

      芸術家フンデルトヴァッサーは、住宅プロジェクトを「彫刻の一形態」と見なし、1985年にこの世界で最も珍しい市営住宅の1つを実現しました。
    •                     Bewachsene Dächer
      media_content.tooltip.skipped

      ログナー・バート・ブルマウ

      シュタイヤマルク州の温泉リゾート、ログナー・バート・ブルマウは、環境芸術家としてのフンデルトヴァッサーが最も成功したプロジェクトの一つと言われています。
    •                     Vienna Spittelau district heating plant - architecture by Friedensreich Hundertwasser
      media_content.tooltip.skipped

      シュピッテラウごみ焼却場、ウィーン

      フンデルトヴァッサーは自分自身を「建築のドクター」と自認し、「どんなに醜いものでも、病気でも、どんな建物でも治癒することができます」と、大きな欠陥のある既存の建物を躊躇せずに改善しました。
    •                     St. Barbarakirche-Hundertwasser in Bärnbach
      media_content.tooltip.skipped

      ベルンバッハの聖バルバラ教会

      もともと1950年代に建てられた教会は、その後、想像力に富んだ芸術家フンデルトヴァッサーによって再設計されました。 教会の周辺には、キリスト教以外の6つの主要な宗教のシンボルも見られます。

    色彩豊かな環境にやさしい建築物

    • フンデルトヴァッサーハウス

      芸術家フンデルトヴァッサーは、住宅プロジェクトを「彫刻の一形態」と見なし、1985年にこの世界で最も珍しい市営住宅の1つを実現しました。

          Hundertwasserhaus
      media_content.tooltip.skipped
    • ログナー・バート・ブルマウ

      シュタイヤマルク州の温泉リゾート、ログナー・バート・ブルマウは、環境芸術家としてのフンデルトヴァッサーが最も成功したプロジェクトの一つと言われています。

          Bewachsene Dächer
      media_content.tooltip.skipped
    • シュピッテラウごみ焼却場、ウィーン

      フンデルトヴァッサーは自分自身を「建築のドクター」と自認し、「どんなに醜いものでも、病気でも、どんな建物でも治癒することができます」と、大きな欠陥のある既存の建物を躊躇せずに改善しました。

          Vienna Spittelau district heating plant - architecture by Friedensreich Hundertwasser
      media_content.tooltip.skipped
    • ベルンバッハの聖バルバラ教会

      もともと1950年代に建てられた教会は、その後、想像力に富んだ芸術家フンデルトヴァッサーによって再設計されました。 教会の周辺には、キリスト教以外の6つの主要な宗教のシンボルも見られます。

          St. Barbarakirche-Hundertwasser in Bärnbach
      media_content.tooltip.skipped

    木が生えた窓、 心地よいファサード、 屋上に本物の森と本物のミツバチの巣、角やシャープな縁がないインテリアと美しい緑の中庭!1991年に創立された数々のユニークな特徴を持つクンスト・ハウス・ウィーン美術館は、芸術的で斬新な視点を提示しています。 美術館の設立によって街の中心にあるオアシスというフンデルトヴァッサーの夢が現実のものとなりました。 建物は彼の哲学に従って、閉鎖されていた既存のトーネット社の家具工場の建物を引き継ぎ、改修したものです。

    美術館の館長であるベッティーナ・ライドルは、次のように説明しています。「70年代と80年代には、自然環境の問題が一般の人々によって議論されることはめったにありませんでした。 今日、この話題は誰もが心に抱いている問題です。私たちは、生物多様性、リサイクル、気候変動、持続可能性などの問題に取り組むアーティストの作品だけを紹介しています。」

    展示プログラムと運営上の決定に関して、持続的に行動する彼女の努力のおかげで、この文化施設は2018年にオーストリアの「環境ラベル」を受賞しました。これにより、クンスト・ハウス・ウィーンはオーストリアで最初の環境保護をテーマとした「グリーン・ミュージアム」となり、未来への自然界における人間の役割を継続的に再評価するフンデルトヴァッサーの伝統が今も守られています。

    A Portrait of Friedensreich Hundertwasser

    フンデルトヴァッサーについて

    media_content.tooltip.skipped
    • 生涯
      1928年~2000年
    • 出生時の名前
      フリードリッヒ・シュトーヴァッサー
    • 肩書
      画家、建築家、生態系保護論者、環境活動家
    • お気に入りの場所
      ウィーン、ヴァルトフィアテル、ノルマンディー、ベネチア、日本、ニュージーランド
    • 最高傑作
      ログナー・バート・ブルマウ温泉

    人生

    若きフリードリッヒ・ストーヴァッサー(本名)は、幼い頃から芸術を通して自分自身を表現し始めました。学校の成績表には、並外れた色と形に対する優れた感覚の評価が頻繁に書かれていました。 母親はユダヤ系であり、親類や家族の多くの者がヒトラー政権によって殺されたにもかかわらず、幸運にもこの母と息子は戦争の混乱を乗り越えました。 戦争の恐ろしさにもかかわらず、少年はおとぎ話のような風景を明るい色彩で表現し、緑豊かな森、そして楽園の世界を描きました。 フンデルトヴァッサーは生涯を通して、環境訴訟、環境保護、人間味ある建築を求めて活動していました。 彼は、グリーンピースやジャック=イヴ・クストー・ソサエティなどの組織を支援するために、何枚かのポスターをデザインしました。 

    フンデルトヴァッサー自身は、比較的シンプルで、自分の持続可能性の原則に従って生活していました。トレンドになる前からリサイクルを実践し、旅行中に10万本以上の木を植え、家では水と太陽エネルギーを利用し、腐植トイレとビオトープを設置しました。 工夫して自分自身の色を生み出し、一般的に自然界における人間の位置について多くのことを考えました。 2000年にニュージーランドで亡くなり、彼の望み通り、木の下に埋葬されました。

    フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーの足跡を辿る

    こちらも興味はありませんか?

    •                     Orchard with Roses Gustav Klimt 1912
      media_content.tooltip.skipped

      グスタフ・クリムトのバラの美学

      画家グスタフ・クリムトはユーゲントシュティールの最も重要な代表者の一人であり、ウィーン分離派の創始者の一人でした。そして、人生と自然の美しいものを愛する人でもあり、特に、情熱の象徴であるバラの美学に魅了されていました。
      続きを読む
    •                     Angelika Kauffmann, Selbstbildnis Öl auf Leinwand um 1802
      media_content.tooltip.skipped

      絵画の天才アンゲリカ・カウフマン

      アンゲリカ・カウフマンの伝記には、人々に崇拝される地位を築くために必要なすべての要素が含まれています。
      続きを読む
    media_content.tooltip.skipped