検索
    • Anton Bruckner, 1889, Oil Painting by Ferry Beraton
      media_content.tooltip.skipped

    アントン・ブルックナー、19世紀音楽界の巨匠

    アントン・ブルックナーは、その時代で最も影響力のある作曲家の一人として広く知られています。しかし、生前は、彼の音楽作品はどちらかというと両義的に受け止められていました。オルガニストとしての才能は早くから認められていましたが、ブルックナーの交響曲は当初、特にウィーンの文化的エリートたちから熱烈な評価は得られませんでした。彼に対する評判は、上流社会になじめない田舎から出てきた頑固で風変わりな一匹狼というものだったのです。晩年になってようやく、人々から尊敬と称賛を受けるようになりました。

    アントン・ブルックナーの生涯 全4章

    Anton Bruckner Museum in Ansfelden
    media_content.tooltip.skipped

    アントン・ブルックナーの初期の才能

    アントン・ブルックナーは1824年、11人兄弟の長男としてリンツ郊外のアンスフェルデンに生まれました。父親はアンスフェルデン村の教師でした。当時、教師は教会のオルガニストとしての役割も担っていたため、アントンは音楽、特に教会音楽とオルガン音楽に囲まれて育ちました。幼い頃からヴァイオリン、ピアノ、オルガンを学び、10歳の時にはすでにオルガニストの助手として働いていました。父親の死後、12歳でリンツから10キロ離れたサンクト・フローリアン修道院の少年聖歌隊のメンバーとなり、修道院のオルガニストから指導を受けました。

    ブルックナーのキャリアは、父親と同じように教職から始まりました。しかし、彼は教師としての職務(学校や教会での職務に加え、フィールドワークも含まれていた)よりも、オルガンでの作曲や即興演奏を優先していました。それでも、彼の音楽教育に対する熱意は比類なく、30年以上続きました。

    アントン・ブルックナー、音楽家としてのキャリアを積む

    1845年にリンツ近郊のサンクト・フローリアン修道院の学校で教師助手に就任、1848年から1855年まで同修道院でオルガン奏者としても努めました。1855年、ブルックナーが31歳の時に、リンツの大聖堂のオルガニストに任命され、プロの音楽家に転身しました。当初、オーディションに参加する気はありませんでしたが、最終的には合格し、職を得ることになりました。

    1868年、最初の交響曲がリンツのレドゥーテンザールで世界初演され、好評を博しました。より多くの聴衆に自分の作品を紹介することを奨励されたブルックナーはウィーンに移り、ウィーン音楽院(音楽・舞台芸術大学)で音楽理論とオルガン音楽の教授の職に就くことになります。

    この頃から彼のキャリアは本格的にスタートしました。皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の宮廷オルガニストとなり、継続的に作曲を行い、成功を収め、音楽院では長年教鞭をとり、オルガン演奏の名手として不動の評価を得ました。特に即興演奏の能力は伝説ともなりました。

    ナンシーとパリの大聖堂、またバート・イッシュルで執り行われた皇帝フランツ・ヨーゼフの末娘の結婚式で、ブルックナーは即興で素晴らしいオルガンを演奏しました。ロンドンでは数千人の前で演奏し、ポップスターのように称えられたのです。

    Organ at the Monastery St. Florian
    media_content.tooltip.skipped

    最初は誤解された音楽の巨匠、アントン・ブルックナー

    ブルックナーの最大の情熱はオルガン演奏ではなく、交響曲の作曲に向けられていました。この分野で、特にウィーンで認められるためには、より厳しい戦いが必要でした。当時、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの交響曲を超えることは不可能とされ、音楽形式は完成されたとみなされていました。

    ブルックナーの生涯の大半は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団にブルックナーの長大で技術的に難しい作品の演奏を拒否され続けていました。ウィーン楽友協会で交響曲第3番が演奏された時には、聴衆の大半とオーケストラの一部までもがホールを退出したのでした。ウィーンのマスコミの酷評を恐れたアントン・ブルックナーは、ウィーン郊外の様々な場所で作品を演奏しました。彼は皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に、最も熾烈な評論で、悪名高いウィーンの音楽評論家エドゥアルド・ハンスリックを抑制するよう嘆願さえしました:「陛下、ハンスリックが私の悪口を書くのを禁止してください」。

    1884年、60歳になって初めてブルックナーはドイツのライプツィヒで、交響曲第7番で念願の成功を収めることができました。しかし、ウィーンで正式に認められるには、さらに2年待たなければなりませんでした。

    Composer and Organist Anton Bruckner, about 1875 (picture detail)
    media_content.tooltip.skipped
    Klimt roses detail
    media_content.tooltip.skipped

    風変わりなロマンチスト、アントン・ブルックナー

    敬虔で謙虚なブルックナーは、人間として多くの興味深い逸話を残しました。もちろん、ある程度差し引いて理解する必要がありますが。 たとえば、彼は強い方言と数を数えなければならないと強迫観念を持っていたと言われています。 これは、窓や階段の数の数えるというようなことだけでなく、スコアの小節の一貫した番号付けにも表れています。ブルックナーはまた、優れた踊り手であったという話もあります。

    自分よりずっと若い女性への数々の求婚
    それもゴシップのネタでした。全部で9件のプロポーズが記録されていますが、1件も受け入れられませんでした。また、女性に不器用だったと言われていますが、彼に興味を示す女性も何人かいました。かつて、ブルックナーからもっと注目されたいと願う女性が、こう言って彼に近づいたと言われています:「親愛なる教授、あなたは私のほうをほとんど見てくれません......今晩は身だしなみにも気を使い、最新のドレスまで着てきたのに!」。困惑したブルックナーは、きつい方言でこう答えたと言われています:「親愛なるお嬢さん、私のことですから、何もお召しになる必要はなかったのですよ!」。

    アントン・ブルックナーは常に「田舎者」であり続けました。首都で過ごした18年間、ブルックナーはウィーンのブルジョワのルールに従おうとはしませんでした。彼の強い方言と服装は、上流社会とは一線を画していました。彼は自分のルーツに忠実であり続け、出身州オーバーエステライヒとの結びつきを強め、孤独の中で作曲したいという強い内的衝動に従いました。おそらくこれこそが、アントン・ブルックナーが交響曲のさらなる発展という、まったく新しく非凡なるものを創造するのを可能にしたのかもしれません。

    「ブルックナーは出身地オーバーエステライヒ州ならではの人でした。しかし、彼の音楽によって、より大きな世界へと導かれ、自分自身の世界を創り上げました。」

    Brucknerhaus / Brucknerhaus
    media_content.tooltip.skipped
    ノルベルト・ トラヴェーガー(リンツ・ブルックナー管弦楽団音楽監督)

    アントン・ブルックナーの晩年の評価

    アントン・ブルックナーはその生涯を通じて順応することを拒み、しかし常に認められることを渇望し、紹介や推薦を求め続けました。アントン・ブルックナーが、教授として、音楽家として、待望の公的評価を受けたのは、高齢になってからです。

    1886年、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世は、彼にフランツ・ヨーゼフ勲章十字章を授与し、交響曲第3番と第8番の印刷に資金を提供し、芸術家としての俸給を認めました。1895年、歩行が困難であったため、皇帝はアントン・ブルックナーにベルヴェデーレ上宮の脇の建物の1階に家賃無料のアパートを与えました。そこでブルックナーは晩年の15ヶ月を過ごし、交響曲第9番の最終楽章に集中的に取り組みました。しかし、完成することはありませんでした。

    アントン・ブルックナーは、1896年10月11日、心臓病のため72歳で亡くなりました。遺言に明記されているように、彼はサンクト・フローリアン修道院のオルガンの地下に埋葬されています。

    音楽家としてのアントン・ブルックナーは、同時代の最も偉大な革新者の一人に数えられており、その影響は20世紀にまで及んでいます。

    Composer and Organist Anton Bruckner, dating unknown (picture detail)
    media_content.tooltip.skipped

    「彼の特異な音楽は、未来を予見する創造者のヴィジョンの証です。伝統主義者でも前衛主義者でもない、彼はその両方でした。」

    Brucknerhaus / Brucknerhaus
    media_content.tooltip.skipped
    ノルベルト・ トラヴェーガー(リンツ・ブルックナー管弦楽団音楽監督)
    Anton Bruckner monument Linz (by artist Franz Strahammer) / Linz
    media_content.tooltip.skipped

    アントン・ブルックナー、後の世のロックスター?

    ホワイト・ストライプスのヒット曲「セブン・ネーション・アーミー」は世界的に有名です。この曲はロックのプレイリストに必ず入っており、サッカーの国際試合では必ず合唱されます。アントン・ブルックナーの交響曲第5番がこの曲の繰り返しのリフにインスピレーションを与えていることはあまり知られていません。

    ベルギーのファンのグループが、ベルギーチームの凱旋試合中にこの曲をスタジアムに持ち込んだことがあります。そこから、この曲は野火のように世界中に広まりました。

    以下からお聴きください!

    ホワイト・ストライプの「セブン・ネイション・アーミー」とブルックナーの「交響曲第5番」の第1楽章を聴いてみてください:

    アントン・ブルックナーの興味深い事実

    • アントン・ブルックナーはいつ、どこに住んでいたのですか?

      アントン・ブルックナーは1824年9月4日、リンツ郊外のアンスフェルデンで生まれ、1896年10月11日、ウィーンのベルヴェデーレ宮殿敷地内の住居で亡くなりました。

    • 彼の最も重要な作品は?
      • 交響曲第4番 ホ長調「ロマンティック」: ブルックナーの交響曲のスタイルと自然への愛情を表現した傑作。
      • 交響曲第7番ホ長調:壮大なスケールと美しさを持つ交響曲で、ブルックナーの芸術的最高峰とされる作品。
      • 交響曲第8番ハ短調:深遠な表現で知られる記念碑的交響曲。
      • 交響曲第9番ニ短調(未完成):ブルックナーのビジョンと深い感情表現を示す未完成の交響曲。アントン・ブルックナーは、交響曲第9番を完成させる前に心臓の病気で亡くなりました。
    • アントン・ブルックナーが最初の交響曲を作曲したのは何歳の時ですか?

      アントン・ブルックナーが交響曲第1番ハ短調を作曲したのは38歳。

    • ブルックナー・イヤー2024とは?

      アントン・ブルックナーの生誕200年を記念して、2024年を通して「ブルックナー・イヤー」が開催されます。ブルックナーの故郷であるオーバーエステライヒ州では、この記念すべき年を祝して、各地で美術館や音楽イベントが開催される。

      全プログラム

    2024年 - ブルックナー生誕200周年

    media_content.tooltip.skipped

    ブルックナーの最も重要な交響曲を聴く

    アントン・ブルックナーに関する9つの楽しい事実

    •                 Panoramic view of Linz / Linz
      media_content.tooltip.skipped
    •                 Composer and Organist Anton Bruckner, about 1895 (picture detail)
      media_content.tooltip.skipped
    •                 Brauerei Hofstetten Mühlviertler Biobier
      media_content.tooltip.skipped
    •                 Smoked organic meat
      media_content.tooltip.skipped
    •                 St. Florian Monastery
      media_content.tooltip.skipped
    •                 state theatre music theatre Linz
      media_content.tooltip.skipped
    •                 Composer and Organist Anton Bruckner, about 1875 (picture detail)
      media_content.tooltip.skipped
    •                 Anton Bruckner monument Linz (by artist Franz Strahammer) / Linz
      media_content.tooltip.skipped
    •                 Anton Bruckner Museum in Ansfelden
      media_content.tooltip.skipped

    アントン・ブルックナーの足跡をたどる

    今日、アントン・ブルックナーの遺産を探るには、以下のオーバーエステライヒ州とウィーンのゆかりの場所を訪れてください。

    Anton Bruckner Museum in Ansfelden
    media_content.tooltip.skipped

    アントン・ブルックナーの生家

    アントン・ブルックナー博物館

    リンツから電車で15分、バスで30分程でアントン・ブルックナーの生家のあるアンスフェルデンに行くことができます。

    アントン・ブルックナーの父親が住み、教師として働いていた旧校舎を利用したアントン・ブルックナー博物館は、彼の生涯と作品を紹介する博物館です。アントン・ブルックナーのトップハット、ベスト、指揮棒、オルガン台、オリジナルのクラヴィコードなどが展示されています。また、劇場のチケット、ブルックナーの人生に欠かせない場所の風景画、楽譜なども展示されています。
    Anton-Bruckner-Museum, Augustinerstraße 3, A-4052 Ansfelden
    開館時間:4月から10月の土曜・日曜・祭日11時~16時

    また、ブルックナーの生家から、野原、牧草地、丘陵の森林地帯を通り、偉大な作曲家が埋葬されているサンクト・フローリアン修道院まで、シンフォニー・トレイルが続いています。

    続きを読む
    Cycling tour along the Danube Cycle Path, Abbey of St. Florian
    media_content.tooltip.skipped

    アントン・ブルックナーのオルガン

    サンクト・フローリアン修道院

    アントン・ブルックナーは、アウグスティン派のサンクト・フローリアン修道院少年合唱団に13年間在籍した後、教師兼オルガニストとして活躍しました。教会のオルガンは17世紀に遡り、アントン・ブルックナーらが演奏しました。オリジナルのオルガン台は現在、アンスフェルデンにあるブルックナーの生家で見ることができます。

    サンクト・フローリアン修道院は、遺言によりオルガンの地下に埋葬されていて、ブルックナーの最後の安息の地になっています。

    続きを読む
    Main Square and Trinity Column
    media_content.tooltip.skipped

    ブルックナー階段&オリジナル・ブルックナー・オルガン

    リンツ旧大聖堂

    アントン・ブルックナーが演奏した楽器で現存するのは、リンツ旧大聖堂のオルガンだけです。この大聖堂では現在、定期的に最高クラスのオルガン・コンサートが開かれています。

    もうひとつの見どころは、オルガンに続く57段の階段「ブルックナー階段」で、ブルックナーは大聖堂のオルガニストとして毎日何度もこの階段を上っていたものです。

    続きを読む
    Anton Bruckner Private University, New building
    media_content.tooltip.skipped

    アントン・ブルックナー私立大学

    リンツは200年にわたる音楽教育の歴史を誇っています。アントン・ブルックナー私立大学は、1823年に歌手のための学校として設立されました。1863年、アントン・ブルックナーがこの大学を引き継ぐはずでしたが、交渉は不調に終わりました。

    ペストリングベルクにある建築的にも興味深い新校舎は、音楽、ダンス、演劇の3つの分野を1つの場所に統合しています。見事な新しい大学の建物は、楽器を視覚的に解釈したものであり、芸術の「響板」とみなされています。クラシックの室内楽からオーケストラの演奏、ダンス・シアター、子供向けの体験型コンサートやワークショップまで、さまざまなイベントが行われ、一般の人々が参加することができます。

    続きを読む
    Bruckner House / Linz
    media_content.tooltip.skipped

    コンサートホール、ブルックナーハウス

    リンツでアントン・ブルックナーの足跡をたどる一日を締めくくるのにふさわしいのは、ブルックナーハウスでのコンサートです。ドナウ川のほとりに建つこのコンサートホールは、リンツの旧市街とは好対照をなしています。コンサートホールでは、ジャズやワールドミュージックからクラシックやオーケストラの演奏まで、一流のコンサートを楽しむことができます。毎年開催されるリンツ・ブルックナー音楽祭など、数々の音楽祭の舞台にもなっています。

    リンツ・ブルックナー管弦楽団は、ここで定期演奏会を開催しています。このオーケストラは、演奏に比類のないオーバーエステライヒ州の音の方言を駆使し、その名の由来となった音楽のユニークな解釈を目指しています。

    続きを読む
    media_content.tooltip.skipped

    ウィーンの宮廷礼拝堂

    1867年2月10日、宮廷礼拝堂の音楽監督であり、アントン・ブルックナーの大いなる理解者のひとりであったヨハン・ヘルベックが、ウィーン宮廷礼拝堂で彼のミサ曲を初演しました。

    このミサ曲は、その精神的な表現力と音楽的な構成によって、たちまち高い評価を得ました。この初演は、ブルックナーのキャリアにおける画期的な出来事であり、作曲家としての彼の名声を確固たるものにしました。この初演の後、宮廷はブルックナーに新しい曲、ヘ短調ミサ曲を委嘱しました。

    続きを読む
    Upper Belvedere Vienna, exterior view with pond / Oberes Belvedere, Vienna
    media_content.tooltip.skipped

    アントン・ブルックナーの最後の曲

    ベルヴェデーレ宮殿

    晩年、アントン・ブルックナーは歩行が困難になり、階段の昇降が困難になりました。この時期、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世は、彼にベルヴェデーレ上宮の脇にある、いわゆる管理人住居「クストーデンシュテックル」の一階を割り当てました。アントン・ブルックナーはここで晩年を過ごし、その間、交響曲第 9 番の制作に取り組み続けました。 1896年10月11日、ブルックナーは自宅アパートで心臓病のため亡くなりました。

    続きを読む
    Musikverein in Vienna / Musikverein
    media_content.tooltip.skipped

    ウィーン楽友協会

    楽友協会の建物は、必然的にブルックナーとの結びつきが強いです。例えば、彼は1872年、黄金ホールの新しいオルガンの発表会で演奏し、楽友協会付属の音楽院(現在のウィーン国立音楽大学)で教えていました。

    そして、様々なブルックナーの作品が、この名高い会場で世界初演されました。

    ブルックナー自身も、1877年12月16日に、悪名高い交響曲第3番の初演を指揮しました(ほとんどの聴衆は、終演時にはすでにコンサートホールを後にしていました)。

    Karlskirche in vienna in summer
    media_content.tooltip.skipped

    アントン・ブルックナーへの最後の敬意

    カール教会

    アントン・ブルックナーが1896年に亡くなった後、遺体は防腐処理され、ウィーンのカール教会(カールスキルヒェ)に安置され、ウィーンの全芸術界が最後の弔問に訪れました。今日、この教会の壁には葬式の模様を記した記念プレートを見ることができます。

    カール教会から棺はウィーン西駅に運ばれ、サンクト・フローリアンに運ばれ、ブルックナーは遺言に従い、修道院教会のオルガンの下に安置されました。

    こちらもご覧ください

    •                         Anton Bruckner, Black-and-White-Photography
      media_content.tooltip.skipped

      ブルックナー・イヤー2024 - アントン・ブルックナー生誕200周年

      アントン・ブルックナーは、その独特で説得力のある革新的な作曲へのアプローチで、クラシック音楽界に多大な影響を与えました。2024年、ブルックナーの生誕地では生誕200年周年を祝うイベントが盛大に開催されます。
      続きを読む
    •                         Anton Bruckner monument Linz (by artist Franz Strahammer) / Linz
      media_content.tooltip.skipped

      リンツ - アントン・ブルックナーの足跡をたどる

      アントン・ブルックナーは、19世紀後半で最も重要な作曲家の一人と言われています。交響曲の大家であり、オルガン奏者としての才能にも恵まれたブルックナーは、ドナウ川の風景の美しさと静けさにインスピレーションを受けたと言われます。
      続きを読む
    media_content.tooltip.skipped