検索
    •                 Enjoying the atmosphere in a Viennese coffee house
      media_content.tooltip.skipped

    すばらしいカフェの世界

    カフェと言えばウィーン。ザルツブルクにとってのモーツァルトのようなものです。しかし、コーヒーを飲む目的だけに老舗のカフェに立ち寄るウィーン子は少ないでしょう。ウィーンの人々にとってカフェは、もっとゆったりとした思索と娯楽の文化そのものなのです。

    ウィーンのカフェは文化施設

    カフェは......「体験」してみるのが一番です。作家のシュテファン・ツヴァイクは、「世界のどこにもない特殊な施設」と評しました。そして実際、カフェには全く特別な雰囲気があります。ウィーンのカフェ文化は、非常に独特で物語性に富んでいるため、2011年にユネスコの無形文化遺産に登録されました。

    少し振り返って
    19世紀、ウィーンはコーヒーハウスのでした。しかし、人々はコーヒーを飲むことが主目的ではなく、新聞を読んで意見交換をしたり、チェスやビリヤード、トランプで遊んだり、酒を飲んだり、甘い余暇を過ごしたりしていたのです。大理石のテーブルに、ベルベットの柔らかい布張りの椅子やトーネットの椅子に座り、大きな鏡で他のゲストをこっそり観察することができるのです。

    他の客は芸術家、作家、知識人などが多く、喫茶店を第二のリビングルームとして使い、郵便物をここに送っていた人もいたそうです。エリアス・カネッティ、ジークムント・フロイト、オスカー・ココシュカ、カール・クラウス、アルトゥール・シュニッツラーなど、ウィーンのカフェの常連客は、文化を享受するだけでなく、その形成に貢献しました。

    今でもウィーンでは、古いカフェ文化が生きています。インテリアは当時のままであることが多く、さまざまな国の新聞が置いてあり、時にはビリヤード台が置いてあることもあります。そして、ウィーンだけでなく、オーストリア全土にウィーンのカフェが広がっているからです。
    伝統的なカフェに加え、今日では、コーヒー豆とその焙煎法にこだわったモダンなカフェやコーヒーバーもさまざまに見受けられます。

    カフェ物語

    歴史あるウィーンのカフェ

    •                 Café Landtmann in Wien
      media_content.tooltip.skipped

      カフェ・ラントマン

      コーヒーやケーキ、ウィーン料理などを楽しみながら、ビジネス界や政界の著名人がいつも集う、ウィーン最大のカフェ・レストランでした。

      詳しくは
    •                 Café Prückel, Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      カフェ・プリュッケル

      新聞、ケーキ、ピアノコンサート:リング通りのプリュッケルにようこそ。1950年代のオリジナル内装で、背面にはユーゲントシュティールの要素を取り入れています。

      詳しくは
    •                 Café Frauenhuber, Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      カフェ・フラウエンフーバー

      モーツァルトとベートーベンが食卓音楽を奏でたウィーン最古のコーヒーハウス。1824年以降、人々はここでチェスやエッグノッグを楽しむのが好きでした。

      詳しくは
    •                 Café Hawelka / Café Hawelka
      media_content.tooltip.skipped

      カフェ・ハヴェルカ

      H.C.アルトマン、アーサー・ミラー、ファルコも:街の中心部にあるハヴェルカは、昔からアーティストがよく集まる場所でした。夜遅くには、有名なブッフテルン(ジャム入りパン)が提供されます。

      詳しくは
    •                 カフェ・ツェントラル、ウィーン
      media_content.tooltip.skipped

      カフェ・ツェントラル

      当時、作家のペーター・アルテンベルクの第二の居間は華麗なツェントラルだったのですが、彼だけでなく、非常に多くの文学者や芸術家がここに出入りしていました。

      詳しくは
    •                 Café Sperl / Cafe Sperl
      media_content.tooltip.skipped

      カフェ・シュペール

      新聞、ビリヤード台、19世紀を思わせるインテリア。シュペールは、古き良きウィーンの世界へといざないます。日曜日にはピアノの生演奏に合わせてケーキを食べられます。

      詳しくは
    •                 Sacher Eck, Café, Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      カフェ・ザッハー

      甘いザッハートルテはもちろんのこと、シャンデリアや赤いベルベットなど、雰囲気も魅力的です。

      詳しくは

    各地のクラシックなカフェに浸る

    • ザルツブルク:カフェ・トマセリ。ザルツブルクの旧市街にあるトマセリは、オーストリアで最も古いコーヒーハウスで、その歴史は1700年にも遡ると言われています。 かつて知識人や文人たちが新聞を読んだり、議論やチェスをするために集まっていた場所です。
    • リンツ:カフェ・トラクスルマイヤー。リンツの中心部には、オットー・ワーグナーの弟子が設計した有名なトラクスルマイヤーがあります。いくつかの小説の舞台にもなっています。読書会やコンサートが、リンツァートルテの美味しさと同じくらい、この店を特別なものにしているのです。
    • グラーツ:カフェ・ヴァイツァー。中心部のムーア川沿いには、伝統的なカフェを備えたホテル・ヴァイツァーがあります。そんな場所にふさわしく、新聞やリンゴやトプフェン入りのパイが提供され、ノスタルジックな雰囲気に包まれています。
    • インスブルック:カフェ・ツェントラル。カフェ・ツェントラルでは、バラエティ豊かなコーヒーの種類が揃っています。便利な中心部に位置し、ウィーンの昔ながらのカフェの雰囲気、そして素晴らしい料理が特別な雰囲気を演出しています。

    黒い金にまつわる新たな世界

    カフェ文化とコーヒー文化の違いとは?カフェに行くのはコーヒーを飲むためだけではありません。しかし、新しいモダンなコーヒーバー(その多くは独自の焙煎設備を備えている)はそうです。ピカピカのエスプレッソマシーンの隣には、直売のコーヒー豆がスマートにパッケージされて並んでいます。そして、一つ一つ柄の違うカップに注がれるフィルターコーヒーは、ハンドドリップのみ(ドリップコーヒー)です。

    豆からカップまで

    このようなサードウェーブカフェでは、コーヒーは飲むだけでなく、体験することができます。フラットホワイトをはじめとする新しいコーヒーの種類は、日本の茶道のように熟練のバリスタによって準備される演出です。このようなコーヒーに対する新しい理解は、オーストリアでも共感を呼んでいます。近年、数多くのカフェがオープンし、かつてウィーンのカフェが知識人を魅了したように、ディープなコーヒー好きを惹きつけています。

    ウィーンの新世代のカフェ

    •                     Jonas Reindl Coffee Roasters
      media_content.tooltip.skipped

      ヨナス・ラインドル

      居心地の良い空間で、自家焙煎のさまざまなコーヒーをお楽しみください。7区と9区に店はあります。
      詳しくは
    •                     Kaffeefabrik, coffee house, Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      コーヒーファブリック

      4区にあるクリーンなデザインのコーヒーバーでは、自家焙煎のダイレクトトレードコーヒー(カフェインレスもあり)が飲めます。
      詳しくは
    •                     Balthasar Coffee Bar / Balthasar Coffee Bar
      media_content.tooltip.skipped

      コーヒーバー・バルタザール

      2区にある明るいコーヒーバーは、マルゾッコのエスプレッソマシンでコーヒーを淹れるだけでも訪れる価値があります。
      詳しくは
    •                     Kaffemik, coffee house, Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      カフェミク

      7区にあるこじんまりした店の雰囲気の中、厳選された焙煎所から入荷した最高の豆から淹れたコーヒーがカップに注がれます。
      詳しくは
    •                     Café Coutur, Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      カフェクチュール

      フェルステル宮殿と9区の店で、受賞歴のあるバリスタとオーナー夫人がコーヒーカクテルをサービスしています。
      詳しくは
    •                     J. Hornig Coffee Bar / J. Hornig Coffee Bar
      media_content.tooltip.skipped

      J・ホルニッヒ

      グラーツから来たコーヒーロースターは、7区にあるモダンなデザインの店舗で、さまざまな抽出方法に対応しています。
      詳しくは

    各州のトレンディなカフェ

    • ザルツブルグ:家族経営の焙煎所とコーヒーハウス220度は3店舗あり、焙煎したての高地産コーヒーがあらゆる芸術的な技で提供されています。
    • インスブルック:クレマコーヒー&デライトでエスプレッソマシンによる極上のコーヒーと、スコーンなどのホームメイドデザートをお楽しみください。旧市街に近い静かな通りにあります。
    • グラーツ:バリスタズでは有機栽培、直接取引されたコーヒーを、手淹れのフィルターコーヒーも含め、多くの種類をグラーツのいくつかの支店で販売しています。
    • リンツ:ダス・ブルックナー 中央広場に面した歴史的な邸宅に、有名な作曲家の名を冠した「ブルックナー」が、コーヒーとケーキをモダンなスタイルで新たにオープンしました。
    • ブレゲンツ:Museumscafé で扱うコーヒー豆はドルンビルンのグルメ焙煎所アマンのもので、ケーキは隣のシアターカフェから取り寄せています。
    • アイゼンシュタット:2ビーンズコーヒー&ローストハウスは、グルメ雑誌ファルスタッフでブルゲンランド州のベストカフェを3度受賞。

    ちょっとしたコーヒー百科事典

    オーストリアでは、コーヒーを注文するだけでなく、...

    Balthasar Coffee Bar / Balthasar Coffee Bar
    media_content.tooltip.skipped
    • モカ
      エスプレッソマシンから抽出したミルクと砂糖なしのブラックコーヒー
    • クライナー・ブラウナー(スモールブラウン)
      シングルモカにミルクまたはクリーム
    • グローサー・ブラウナー(ラージブラウン)
      ダブルモカにミルクまたはクリーム
    • アインシュペンナー
      グラスに入ったシングルモカにたっぷりのホイップクリームを添えたもの
    • フィアカー
      グラスに入ったダブルモカにたっぷりの砂糖と、ショットグラスでスリボヴィッツやラム酒を加えたコーヒー
    Café Hawelka / Café Hawelka
    media_content.tooltip.skipped
    • ヘーファールコーヒー
      マグカップにフィルターコーヒーとたっぷりのミルク入り
    • メランジュ
      コーヒーとミルクを半々
    • ウィーナーメランジュ
      メランジュに泡立てたミルクを載せたもの
    • クライナー・シュヴァルツァー(クライナー・モカとも言う)
      小さなカップにシングルモカ(シングルブラックコーヒー)
    • グローサー・シュヴァルツァー(グローサー・モカとも言う)
      大きなカップにダブルモカ(ダブルブラックコーヒー)
    • フェアレンガーター(一般的なアメリカン)
      シングルブラックを同量のお湯で割ったもの
    Kaffemik, coffee house, Vienna

    夜のカフェ

    ウィーンのカフェは、どちらかといえば昼間の場所ですが、遅い時間でもゲストを迎えてくれるところもあります。いずれも旧市街に位置し、非常に近い場所にあるのが何とも便利です。家に帰りたくない人はカフェは避難所で、メランジュではなく、白いスプリッツァーを飲みながらゆっくりしてください。

    media_content.tooltip.skipped
    • Café Korb, Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      カフェ・コルブ(00:00まで)

      "コルブを知らなければ、ウィーンを知らない "と言われるほどです。地下にアートラウンジを併設したメンバーが集まるところ。

    • Café Engländer, Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      カフェ・エングレンダー(深夜1:00まで)

      新聞読者や夜更かし族に人気の待ち合わせ場所。

    • Kleines Café, Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      クライネスカフェ(2:00まで)

      絵のように美しいフランツィスカーナー広場にある、わずか数平方メートルの珠玉のようなカフェです。

    • Café Alt Wien / Café Alt Wien
      media_content.tooltip.skipped

      コーヒー・アルトウィーン(2:00まで)

      芸術家たちの待ち合わせ場所であり、「バイスル」の雰囲気を持つナイトカフェでは、シュナップスが125ccのグラスで出されます。

    こちらもご覧ください

    • カフェは芸術家のリビングルーム

      もし誰もが大好きなカフェがなかったら、ウィーンはどうなったことでしょう? カフェの伝統を創り上げたものは何でしょう? そして、なぜカフェの環境の中で芸術家たちは成長するのでしょうか?

      続きを読む
          Café Alt Wien / Café Alt Wien
      media_content.tooltip.skipped
    • ウィーンのカフェ文化

      言い伝えによると、1683年、包囲攻撃に失敗したトルコ軍が撤退した時に、大量に残されていたコーヒー豆の入った袋を、ウィーンの人々は戦利品として手に入れました。スパイとして宮廷に雇われていたイスタンブール生まれの人物がその豆を利用して、1685年にウィーンにカフェを初めて開業し、真のコーヒーの味を市民に伝えたのがウィーンのカフェ文化の始まりだと言われています。

      詳しくは
          Cupola Cafe KHM
      media_content.tooltip.skipped
    media_content.tooltip.skipped