検索
    • Gustav Klimt, Expectation, detail / MAK - Museum for Applied Arts
      media_content.tooltip.skipped

    グスタフ・クリムト、天才そして快楽主義者

    グスタフ・クリムトは芸術、人生、そして女性を愛したオーストリアの画家です。ユーゲントシュティールを代表する一人であり、ウィーン分離派の共同創始者であるだけでなく、真の快楽主義者でもありました。

    芸術家と個性

    クリムトはオーストリアが生んだ最も謎めいた画家の一人ではないでしょうか。1862年、ウィーン近郊のバウムガルテンに生まれたグスタフ・クリムトは、当初、歴史主義的な絵画でキャリアをスタートさせました。1890年頃から、独特の平面的な装飾を用いた表現主義的なスタイルを確立していきます。 1897年、キュンストラーハウスを脱退し、ウィーン分離派を共同で結成します。クリムトの享楽的なライフスタイルは、豪華な晩餐会などからもうかがい知ることができます。ちなみに、上流階級の女性たちとの数々の関係については、今でもさまざまな憶測が飛び交っています。

    Klimt mansion in Hietzing, Vienna

    クリムトを体験する

    media_content.tooltip.skipped

    クリムトの足跡をたどる

    オーストリアでクリムトの作品を鑑賞する人は、近代的なレオポルド美術館であれ、帝国時代の豪華なベルヴェデーレ上宮の広間であれ、優れた建築物も見逃せません。

    ウィーンのヒーツィンクにあるクリムト・ヴィラは、画家が最後の創作期間にアトリエ兼作業場として使ってい庭園のある家で、1920年代、オリジナルのアトリエは絵のように美しいヴィラに「建て替え」られました。現在、クリムトのアトリエ内は保存されています。6,000平方メートルに及ぶヴィラの庭は、それ自体が小さなパラダイスです。

    数え切れないほどの色や色調が、ライムや刺激的な香り、甘さや酸味を伴って同時に何十億もの花を咲かせます。

    media_content.tooltip.skipped
    Gustav Klimt

    グスタフ・クリムトは、オーストリアのザルツカンマーグート地方にある絵のように美しいアッターゼー湖で、静けさとインスピレーションを得ました。自然界の花のような色彩への熱意が感じられる、彼の最も美しい風景画の多くはここで生まれました。シェルフリングのグスタフ・クリムトセンターや巨匠に捧げられたテーマ別の小道や庭園を訪れ、偉大な芸術家の足跡を辿ってみましょう。

    大いなる愛:アッターゼー湖

    • media_content.tooltip.skipped

      アッターゼー湖畔のカンマー城

      シュロス・カンマーはアッターゼー湖畔の一等地にあり、クリムトが最も好む絵画のモチーフの一つでした。
    • media_content.tooltip.skipped

      カンマー城の並木道

      クリムトはこの並木道を描くのにもまた自分好みの正方形のカットを選んでいます。それにより意図的に梢を切り落としています。まさに洗練された芸術的自由な発想です。

    大いなる愛:アッターゼー湖

    • アッターゼー湖畔のカンマー城

      シュロス・カンマーはアッターゼー湖畔の一等地にあり、クリムトが最も好む絵画のモチーフの一つでした。

      media_content.tooltip.skipped
    • カンマー城の並木道

      クリムトはこの並木道を描くのにもまた自分好みの正方形のカットを選んでいます。それにより意図的に梢を切り落としています。まさに洗練された芸術的自由な発想です。

      media_content.tooltip.skipped

    画家のミューズたち

    •                     Gustav Klimt, Der Kuss (Liebespaar)
      media_content.tooltip.skipped

      エミーリエ・フレーゲ:ファッションデザイナー、ライフパートナー

      専門家たちは、クリムトの最も有名な作品は彼自身とエミーリエを描いたものだと考えています。
    • media_content.tooltip.skipped

      ソニア・クニップス:美術品の後援者

      この作品は、当時27歳の芸術家にとって画期的な作品となりました。
    • media_content.tooltip.skipped

      アマーリエ・ツッカーカンドル:医師の妻であり恋人

      このクリムトの恋人の肖像画は、1918年にクリムトが亡くなったため未完成のままとなりました。
    マーブルクグロフ
    media_content.tooltip.skipped

    食の愉しみには制限なし

    クリムトの食への関心

    グスタフ・クリムトは美味しいものが大好きで、食べ過ぎてしまうほどでした。芸術家仲間によると、「彼は豪華な食事を明らかに楽しんでいた。1つの料理を常に2~3人前ずつ食べ、友人の家に招かれた場合は、クリムトのためにいつも2つの皿が用意されていた」。シェーンブルン宮殿の近くにあるマイアライ・ティボリで、コーヒー、ホイップクリーム添えクグロフの朝食をよく取っていました。ディナーではギラルティ風ローストビーフの煮込みや、タゲット風リードボーが好みでした。ウィーンのレストランやカフェでは、この食道楽が高く評価したこれらの時を越えた名物料理を味わうことができます。

    出典: 「グスタフ・クリムトの客人」 ヨアヒム・ナーゲル、イゾルデ・オールバウム著

    media_content.tooltip.skipped