検索

    ベートーヴェンを訪ねるウィーンの一日

    ベートーヴェンはウィーンを第二の故郷として住み始めてから、人生の大半をウィーンで過ごしました。ベートヴェンの足跡を訪ねるウィーン音楽の旅。

    憧れの音楽家モーツァルトと同じく、ルートヴィッヒ・ファン・ベートーヴェンは音楽活動の地としてウィーンを選びました。 ウィーンの日々を過ごした2つのアパートは、今日一般に公開されており、この偉大な作曲家の生活を垣間見ることができます。 アパートの他、ウィーンでよく訪れた他の重要な場所と共に、ベートーベンの足跡を訪れることは素晴らしい体験になります。

    Portrait of Ludwig van Beethoven
    media_content.tooltip.skipped

    パスクァラティハウス(Pasqualatihaus)

    地下鉄のショッテントア駅近くのヴォティーフ教会と澄んだ青い空を見上げると、今日はすてきな一日になると思わずにはいられません。 ベートーヴェンの足跡をたどって、「彼の」ウィーンを体験します。 朝日を浴びて、メルカーバスタイ Mölkerbastei とシュライフォーゲルガッセ通り Schreyvogelgasse の角にあるパスクァラティハウスに向かって少し歩きましょう。 建物の名前の由来であるヨハン・バプテスト・フライヘア・フォン・パスクァラティは、ベートーヴェンの偉大な後援者でした。 楽聖はここに約8年間住んでいました。 ここで唯一のオペラ「フィデリオ」の着想を得、そして穏やかなメロディー「エリーゼのために」の楽譜を書き上げました。 ベートーヴェンのかつてのアパートは現在、ウィーン博物館の一部として一般に開放されています。 5つの異なる部屋が音楽家ベートーヴェンを物語り、彼の作品を紹介しています。 大きな窓からは美しい景色を眺めることができます。ベートーヴェンもここから外を眺めて、音楽の着想を得たのではないかと思われます。

    Typical Viennese black coffee
    media_content.tooltip.skipped

    ベートーヴェンはコーヒーが大好き

    次に向かう場所はアルベルティーナ・プラッツ広場です。ここでは、1824年5月7日、ケルントナートア劇場の常連客がベートーヴェンの交響曲第9番の初演を楽しみました。現在、劇場は1870年に解体されたため残っていません。しかし、交響曲のメロディーは私たちの散策についてきてくれます。ベートーヴェンの足跡をたどってウィーンの散策を続ける前に、カフェ・モーツァルトに立ち寄って少し休憩しましょう。ウィーンのコーヒーハウスはコーヒーとケーキを提供するだけではなく、メニューには典型的なウィーン料理も載っています。ベートーヴェンは多岐に渡って楽しみを見つけていたと知られていますが、特にコーヒーが大好きでした。当時、温かい飲み物は高級品でしたが、ベートーヴェンは自分のコーヒーマシンを持ち、特別なこだわりをもってコーヒーを淹れていました。それは常にエスプレッソに正確に60粒のコーヒー豆を使用したということです。現代の美味しいコーヒーもちょうど60個の豆を挽いて淹れているいるかどうかはわかりませんが。 さあ、カフェ・モーツァルトを出て、カールスプラッツ広場に向かいましょう。

    分離派会館のベートーヴェンへのオマージュ

    分離派会館の特徴的な黄金の円屋根は、遠くからでも目を引きます。建物に近づくほどユーゲントシュティール(アールヌーボー)を象徴する建築芸術は、その複雑なディテールで私たちを魅了します。「 時代には芸術を。芸術には自由を」とファサードの碑文に刻まれています。グスタフ・クリムト、コロマン・モーザーなどの世紀末ウィーンを代表する芸術家によって設立されて以来、分離派会館(セセッション)は分離派美術展の場所として役割を果たしてきました。特に興味深いのはベートーヴェンフリーズです。壁画の大きさは34mX 2mもの大作で、1902年にグスタフ・クリムトがベートーヴェンの死後75周年を記念して完成させました。これは、ベートーヴェンの交響曲第9番、人類の幸福への探求に対するリヒャルト・ワーグナーの解釈を視覚化したものです。フリーズは3つの部分で構成されており、もともとは記念特別展の装飾画として考案されました。いくつかの変更の後、フリーズはオーストリア共和国によって所有されるようになり、1986年以来、それはベルヴェデーレによる永久的な貸付として分離派会館で鑑賞することができます。

    ベートーヴェンのお気に入りの場所、ハイリゲンシュタット

    ウィーン19区にあるプロブスガッセ6番地には、ウィーン博物館所属のもう1つの記念館であるベートーヴェン博物館があります。当時、このハイリゲンシュタット地区はウィーンの市外でしたが、今日では市の範囲内にあります。ハイリゲンシュタットにあった保養施設にベートーヴェンは、ひどくなる聴覚障害の治療のため、また少しでも良くなるよう頻繁に訪れました。ベートーヴェン博物館として改装されたアパートは、到着、保養、作曲、稼ぎ、演奏、遺贈という彼の人生の工程を6つの章に分けて案内しています。各章では、楽聖のそれぞれの側面と、当時の生活の一部を紹介しています。 1802年、ベートーヴェンは完全な聴覚喪失への恐れに駆り立てられて、ここで有名な「ハイリゲンシュタットの遺書」を書きました。しかし、この「最後」の文章は弟たちに送られることはありませんでした。この家で完成させたのは交響曲第3番「エロイカ」です。その後、ここで彼の最大の作品である交響曲第9番にも取り組みました。ハイリゲンシュタットタットを始め、このウィーン19区のデブリングを歩きながら、偉大な作曲家が生活し、感じたであろう多くの印象を一緒に辿ってみましょう。

    ホイリゲ・マイヤー・アム・プファールプラッツでグランドフィナーレ

    興味深い物語がいっぱいのベートーヴェンの足跡をたどる一日の終わりに、グリンツィングのワイン居酒屋のマイヤー・アム・プファープラッツを訪れます。ベートーヴェンは、このホイリゲのある建物の二階に住んでいました。居心地の良い中庭で典型的な木製のベンチに腰を下ろし、居酒屋の所有するブドウ園のブドウで作った新酒のワインをジョッキで飲みながら、ベートーヴェン散策の最後の時間を楽しみましょう。バンドが演奏してくれるウィーンのホイリゲ音楽は、ベートーヴェンの交響曲ではないかもしれませんが、誰もが楽しくリラックスした気分になります。 さまざまな音楽体験に感謝し、夜を締めくくりましょう!

    その他のベートーヴェンゆかりの場所:

    •                 Theater an der Wien
      media_content.tooltip.skipped
    •                 Haus der Musik: Beethoven Room / Haus der Musik
      media_content.tooltip.skipped
    •                 Zentralfriedhof, Ehrengrab von Ludwig van Beethoven
      media_content.tooltip.skipped

    ベートーヴェンのことをもっと知りたいですか?

    media_content.tooltip.skipped

    こちらも興味はありませんか?

    • シューベルトの足跡を訪ねて

      ウィーンはシューベルトの主たる音楽活動の地で、インスピレーションの源でしたが、オーストリアの鮮やかな景色と、夏の美しい田園風景を楽しむために、シューベルトは故郷の街を離れることがよくありました。

      続きを読む
          Statue of Schubert, Stadtpark in Vienna
      media_content.tooltip.skipped
    • カフェは芸術家のリビングルーム

      もし誰もが大好きなカフェがなかったら、ウィーンはどうなったことでしょう? カフェの伝統を創り上げたものは何でしょう? そして、なぜカフェの環境の中で芸術家たちは成長するのでしょうか?

      続きを読む
          Café Alt Wien / Café Alt Wien
      media_content.tooltip.skipped
    media_content.tooltip.skipped