検索
    • モーツァルト時代のウィーン
      media_content.tooltip.skipped

    モーツァルトを訪ねるウィーンの一日

    「...ここは素晴らしい場所だと確信しています...」
    これは、1781年4月4日にザルツブルクの父親にヴォルフガング・アマデ・モーツァルトが書いたものです。

    モーツァルトが息づくウィーンへようこそ

    ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの足跡を訪ねる散策は、シュテファンスプラッツから始めましょう。午前9時、太陽は輝き、御者たちはその日の仕事のために「フィアカー」の準備をしています。モーツァルトは、街の中心にあるシュテファン大聖堂で、モーツァルトはコンスタンツェ・ウェーバーと結婚し、そこで子供たちも洗礼を授けました。 ケルントナー通りとヒンメルプフォルトガッセ通りに沿って歩くと、カフェ・フラウエンフーバーがあります。ここはウィーンの典型的な居心地の良いカフェで、モーツァルトがピアニストとして、よくコンサートを行ったヤーンシェ・コンサートホールがあった場所です。 今日ではテールコート姿のウェイターが常連客の注文を聞き、古典的なウィーンの魅力を漂わせています。 それはモーツァルトの時代もすでにそうだったのでしょうか?

    モーツァルトハウス・ヴィエナの部屋、台所、小部屋

    シュテファン大聖堂からわずか数歩のところに モーツァルトハウス・ヴィエナがあります。 ここ、ウィーン一区のドームガッセ5番地に偉大な音楽家がかつて住んでいました。 彼がウィーンに来てから暮らしたアパートはここだけではありませんが、元の形のまま残っている唯一のアパートです。 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトはここで人生の最も幸せな日々を過ごしたのではないでしょうか。結局のところ、彼は他のどこにも長く滞在したことがありませんでした。 ここはまた、オペラ「フィガロの結婚」のインスピレーションを得た場所でもあります。 音楽の天才がかつて世界的に有名な作品を書いた場所が、今では3つのフロアで音楽史をたどることができます。 モーツァルトが住んだアパートの部屋の多くは、今でも歴史的なスタッコ天井と壁のフレスコ画が見られ、その時代へと誘ってくれます。モーツァルトについていろいろな角度から知りえるモーツァルトハウスはウィーンでは必見です。ミュージアムを見学した後には、周辺にたくさんあるすてきなカフェやレストランでランチをどうぞ。

    音楽の家「ハウス・デア・ムジーク」で音楽を体験

    ランチで元気になったところで、散策は続きます。街の中心部の狭い通りや、晴れた日は散歩にピッタリです。ハウス・デア・ミュージックがすぐそばにあるのも便利です。この建物は現在は革新的な「サウンド・ミュージアム」ですが、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の発祥の地でもあります。創立者であるオットー・ニコライが住んでいたこともあり、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の博物館もここにあります。サウンド・ミュージアムの目的は、音楽への理解、開放感、そして熱意を伝えることです。遊び心のある方法で、革新的でインタラクティブな展示を行い、訪れた人がアクティブになり、自分の音楽性を発見してもらうことです。モーツァルトは、あるピアノの生徒のためにアルファベットを楽譜にして、それぞれの文字に音をつけました。この発明のおかげで、私たちはモーツァルトが想像したように、音楽の家で自分の名前のメロディーを聞くことができるのです。リトル・ナイト・ミュージック」などの名曲の数々が、滞在中ずっと耳に残っています。新たな感動と小さなメロディーを耳にしながら、音楽の家を鼻歌まじりで後にし、モーツァルトの足跡の次の目的地へと向かいましょう。

    揺りかごから墓場まで - モーツァルトの最後の休息地

    音楽の家でクラシック音楽の新たな一面を遊び心たっぷりに学んだ後は、偉大な作曲家の最後の拠点へと向かいます。モーツァルトは生前に十分な収入を得ていたにもかかわらず、人生の終わりには何の財産も残っていませんでした。そのため、聖マルクス墓地にあるいわゆる「共同埋葬地」に、他の人たちと一緒に匿名で埋葬されました。その約70年後、モーツァルトの墓があったとされる場所に記念のプレートが建てられました。このプレートは後にウィーン中央墓地に移されました。中央墓地には市街地近くのシュヴァルツェンベルク広場から市電71番で直接行くことができ、美しい景色を楽しむことができます。ヨーロッパで2番目に大きい約2.5km²の墓地の第二門に到着すると、フィアカーのツアーも利用することができ、モーツァルトの最後の旅を辿ることができます。ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンやグスタフ・マーラーなどの著名な音楽家や、ファルコやウド・ユルゲンスなどの現代美術家に囲まれた中に、天才音楽家とその作品を記念する大きなプレートがあります。音楽ファンたちは敬虔な気持ちで墓を見つめ、周りは静寂に包まれています。一瞬の静寂の後、道端にいる小さな鹿の姿が私たちを現実に引き戻します。ゆっくりしたい人は街に戻る前に午後の時間を利用して、並木道をゲートまで歩いて行き、中央墓地の穏やかな雰囲気を楽しむことができます。モーツァルトが与えてくれた、ウィーンにも足跡を残した名曲の数々を思い出します。そしてまた市街地に戻ります。

    最高のフィナーレはアン・デア・ウィーン劇場での公演

    天才音楽家の人生において重要な場所を訪問した後は、歴史あるオペラハウスのひとつであるアン・デア・ウィーン劇場を訪問します。オペラハウスは有名なナッシュマルクトの向かい側です。『魔笛』のリブレットを担当したシカネーダーは、1801年に設立されたオペラハウスの初代の支配人でした。この劇場は20年ほど前の数年間はミュージカルの舞台として使用されていましたが、2006年からはオペラ、オペレッタやミュージカル・コメディー、コンサートなどが公演されています。エレガントなイブニングドレスに身を包み、オペラハウスの堂々とした門をくぐり、モーツァルトの「フィガロの結婚」の響きに期待を膨らませる。今日、モーツァルトの人生について集めた新しい印象で、どのように聞こえるでしょうか。幕が上がり、スペクタクルが始まります。最初の音の響きで、観客はすぐに魔法の世界に引き込まれます。モーツァルトが "彼の "ウィーンで行ったように、今は楽しむ時です。帰り道、一日を振り返りながら壮麗な建物や狭い路地を見ていると、今日はウィーンで偉大な音楽家の素晴らしい足跡を辿ってきたのだと、きっと実感することができるでしょう。

    Florian Schönwiese at Theater an der Wien
    media_content.tooltip.skipped

    今日、アン・デア・ウィーン劇場で演奏することをどう感じますか?

    ヴァイオリニストとして20年以上のキャリアを持つフローリアン・シェーンヴィーゼ氏が、アン・デア・ウィーン劇場の魅力を語ってくれました。

    この劇場はコンセントゥス・ムジクスの会場であるため、彼にはとてもなじみのある劇場です。アンサンブルのメンバーとして、ここで定期的に演奏しています。公演プログラムには往年の偉大な作曲家の作品が載り、当時の楽器を使い現代の音楽的知識をもって、オリジナルの音で素晴らしい演奏を聴くことができます。音楽の都ウィーンに住み、クラシック音楽の伝統を日々感じていることをインタビューで語ってくれました。(ビデオは日本語の自動翻訳が選べます。)

    もっとモーツァルトを知りたいですか?

    media_content.tooltip.skipped

    こちらも興味はありませんか?

    •                 バーバラ・クラフト作W.A.モーツァルト
      media_content.tooltip.skipped

      モーツァルトをもっと身近に... 音楽の天才とその人間像

      ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)は、世界の著名な作曲家の中でも最も重要な人物の一人です。その優れた才能の裏に隠された人間像を知るために、毎年たくさんの人々がウィーンとザルツブルクを訪れます。

      続きを読む
    •                 Haus der Musik: Beethoven Room / Haus der Musik
      media_content.tooltip.skipped

      ベートーヴェンを訪ねるウィーンの一日

      ベートーヴェンはウィーンを第二の故郷として住み始めてから、人生の大半をウィーンで過ごしました。ベートヴェンの足跡を訪ねるウィーン音楽の旅。

      ベートーヴェンの足跡を訪ねて
    •                 Statue of Schubert, Stadtpark in Vienna
      media_content.tooltip.skipped

      シューベルトの足跡を訪ねて

      ウィーンはシューベルトの主たる音楽活動の地で、インスピレーションの源でしたが、オーストリアの鮮やかな景色と、夏の美しい田園風景を楽しむために、シューベルトは故郷の街を離れることがよくありました。

      続きを読む
    media_content.tooltip.skipped